信愛グループ(医療法人信愛会/社会福祉法人明世会)|

医療・福祉

信愛グループ(医療法人信愛会/社会福祉法人明世会)

先輩たちの声

堀田三加さん

入社:2016年4月  所属部署:介護老人保健施設おとわの杜

主な仕事内容:介護

やりがいを感じながら働ける日々

 中学時代、曾祖母が訪問入浴を利用しており、「私が代わりに入浴介助できたらなあ」と思ったことがきっかけで、介護職に興味を持ちました。そして高校卒業後、専門学校へ入学し、介護福祉士を取得しました。専門学校では、実習を通して利用者さんとコミュニケーションを図る楽しさを知り、より良い生活を送って頂きたいと思うようになりました。
 昨年4月、介護老人保健施設おとわの杜に入職しました。仕事内容は主に、食事介助、入浴介助、排泄介助、起床介助、就寝介助などの日常生活動作の介助です。それに加えて日々の利用者さんの体調観察や日頃の変化、記録、情報の申し送り、担当の利用者さんの入浴準備や、ケアの統一、ケアプランの見直しなどがあります。また老人保健施設の為、在宅復帰に向けてのリハビリ面、栄養面、医療面で多職種と連携しながら、サポートしています。
 現在、認知症の方を中心に介護しています。認知症という病気を抱えていますが、利用者さんは明るい方が多いです。介助を終えると「ありがとう。」「あなただから頼めるのよ。」と言って頂けることがとても嬉しく、やりがいを感じられます。また、レクリエーションを行なう際には、利用者さんと一緒に楽しみ、みなさんの笑顔が見られることも楽しみの一つです。
 就活中の学生の皆さんへ。わたしは専門学校時代、恩師から当施設を勧めてもらい、見学やアルバイトという形で実際に現場を体験しました。どの職業にも言える事ではありますが、自分の目で就職先の雰囲気や職場で働いている方を見ることで、本当に自分に合った職場なのかを判断していき、就職先を決めると良いと思います。就職したい職業が定まっていない学生の方は、様々な職種の見学に行ってみてはどうでしょうか。お年寄りが好き、人と関わるのが好きという方は将来一緒に働けることを待ち望んでいます。

横田有利子さん

入社:2013年4月  所属部署:特別養護老人ホーム秋桜の里

主な仕事内容:介護

入居者の幸せとは何か

 私が特別養護老人ホーム秋桜の里で働こうと思った理由は、ユニットケアを実施している施設だったからです。私は学生の時にユニット型の特別養護老人ホームへ実習に行かせていただきました。入居者と家族、職員の距離がとても近く一人ひとりに合ったケアを実施していると感じました。この実習をきっかけに将来ユニット型の施設で働きたいと強く思うようになり、ユニットケアを実施している明世会の秋桜の里への入社を希望しました。
秋桜の里では入居者一人ひとりが自分らしく生活できるように私たちがサポートしています。「入居者にとっての幸せとは何か」「どのような生活を望んでいるのか」、「実現するために私たちには何ができるか」と日々考え、今までの暮らしの延長線上になるようなケアを目指しています。一人ひとりに合った個別ケアを基本とし、入居者や家族との信頼関係を特に大切にしています。今までどのような生活を送ってきたのか、趣味は何か、食べ物の好き嫌いはあるのか等、日々の何気ない会話の中から多くの情報を得て、「入居者を知る」ということを心がけています。入居者の理解を深め、より良い生活を提供できるように努めています。
 看取りケアも行っており、最期に「幸せだった」「秋桜の里で良かった」と思っていただけるようなケアを目指しています。最期まで入居者、家族が安心できるように職員一丸となって寄り添うことを大切にしています。悔いが残らないように、最期をどのようにむかえるのか考え、他職種と連携しながら入居者と向き合っています。看取った後のグリーフワークにて、入居者との思い出やケアの評価を行うことで自分の介護観と向き合うことが出来ます。
 入社して、一人ひとりの生活スタイルが分からず、戸惑うことがたくさんありました。しかし、先輩方が丁寧に指導して下さり、分からない事があればすぐに教えてくださったため安心して仕事を覚えていくことができました。日々入居者と関わっていく中で、一人ひとりがどのような方なのか理解していくことができました。人生の先輩でもあるため、学ぶ事もとてもたくさんあります。入居者と職員が家族のような距離感で、ユニットもアットホームな雰囲気で過ごしやすい環境作りを心がけています。
介護の仕事は大変な事もありますが、入居者の希望を叶えられたときに「幸せだな」「ありがとう」といった言葉をいただいたり、笑顔やほんの少しの表情の変化が何よりも励みになっています。勉強の毎日ですが、幅広い視野を持って多くの事を吸収することで新しい発見もあり、やりがいにも繋がっています。「入居者にとっての幸せとは何か」と日々考えながら、職員一丸となって施設全体のスキルアップを目指しています。

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.