みんなの選挙in東三河

平山 良平

ヒラヤマ リョウヘイ

矢作川左岸、岡崎市八帖町で生まれ、小学校の1年生の時に、川岸の石の上から両手で水をすくって飲んだ。水は透きとおりとてもきれいだった。これが原点であったのか、後年、矢作川河口堰建設に反対し、中学校の教員として学校の禁煙化に取り組んだ。いずれも20年余を経て、矢作河口堰は1999年に中止となり、学校施設内禁煙を求める裁判で初めての嫌煙権を認める判決を受け、その後、名古屋市が学校敷地内全面禁煙としたのは2004年4月であった。  

自衛隊イラク派兵差止請求訴訟で、原告・事務局員として運動に取り組んだ。名古屋高裁は、航空自衛隊のイラクでの空輸は憲法9条1項に違反する活動を含んでいると判決した。私の勲章です。

イベント情報はこちら

選挙情報 参議院議員選挙2016
現・元・新
氏名 平山良平(ひらやまりょうへい)
立候補時の氏名 平山良平
生年月日 1948年1年15日
出身 愛知県岡崎市
本籍 愛知県岡崎市
最終学歴 愛知教育大学教育学部保健体育科
肩書き

社民党愛知県連合副代表
 <ノーモア南京>名古屋の会 事務局
 河村市長『南京虐殺否定』発言を撤回させる会 共同代表
 現代の朝鮮通信使あいち 代表

代表的公職 社民党愛知県連合副代表
党派 社民党
推薦団体  
ウェブサイト 【公式サイト】http://h-ryouhei.jp

主な経歴

過去職

1969年4月〜1973年5月 知立家政専門学校非常勤講師
1970年4月〜1974年3月 とび職
1974年4月〜2007年3月 名古屋市立中学校教員<

現職

2012年3月〜 社民党愛知県連合副代表

思想信条・公約

愚公山を移す
公約 平穏な生活 ・若者女性に安定した仕事を
          ・戦争法廃止、原発を廃炉に
          ・最低賃金を時給1500円に
          ・給付型奨学金を学生に

選挙事務所

事務所名 社民党愛知県連合
住所 名古屋市中区松原2-10-3 社会文化センター4階
地図 GoogleMap
電話番号 052-321-2933
責任者 社民党愛知県連合代表/山登志浩

後援会、連絡所など

応援メッセージ

平山さんは、自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の原告・事務局として活動した。裁判運動の重要な要素である法廷外の街頭宣伝では、2年間200回に及ぶ裁判所前と名古屋栄中心部での活動を支え、イラク派兵の違憲判決に貢献した。

矢作川流域下水道反対市民の会で、機関紙「海鳴り」を作り、チラシまきをした。矢作川河口堰の計画が起こった時には、長良川の反対運動や広島県芦田川河口堰の現地に聞き取り調査を一緒にし、矢作川の川尻を守った人です。

彼は、信念の人です。一度心に決めてやり抜こうとしたら、万難を排して、いくら忙しくても、(正月でもお盆でも,ただひたすら新年なんです)貫徹します。
それが、嫌煙権、イラク訴訟裁判などをやり抜いてきた気骨です。

平山さんは、私たち「旧日本軍による性的被害女性を支える会」の名古屋栄での街頭宣伝をし、日本軍慰安婦への日本政府による謝罪と賠償を求め、日本の戦後処理を促す活動を20年余にわたって進めてきた仲間の一人です。

平山さんとは学生時代から交流しています。理由は、彼が社会や国家に対してぶれずに運動を続けているからです。40年の市民運動が評価されて今回が5度目の立候補という。68歳という年齢は彼の活動の年輪です。

2015/05/14
対象:豊橋・豊川・蒲郡各市議
「市議選当選時コメントをお寄せください」

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.