卸売・小売業

東三河ヤクルト販売株式会社

画像クリックで写真拡大

東三河で毎日約5万人が愛飲
ヤクルト製品通じて健康を届ける

 東三河地域に営業所やお届けセンターなど12拠点を持ち、ヤクルトブランドの商品各種を販売。予防医学の重要性をとき、病気にかからない体づくりのためには腸の健康が大切と、乳酸菌シロタ株の発見者でヤクルトの創始者、代田稔医学博士の考え=「代田イズム」を引き継ぎながら、生命科学の追究を基盤に、人々の健康で楽しい暮らしづくりをサポート。ヤクルトスタッフは、各家庭や事業所まで出向き、笑顔と真心と健康を届けており、同乳製品は、東三河で毎日約5万人に愛飲されている。

 地域の安全や安心を守るパトロール活動などにも積極的。豊橋市の「徘徊・見守りSOSネットワーク」、豊川市「高齢者地域見守りネットワーク」、新城市「にこにこ見守り隊」、新城市社会福祉協議会と連携しての「愛の訪問活動」にそれぞれ協力、「認知症サポーター養成講座」を受講するなど、高齢者の声かけ&安否確認といった活動を続けるほか、警察や自治体と連携し防犯パトロールを行う。

 保育園などに出向いての出前授業「おなか元気教室」や各事業所での栄養講座などで、排泄と腸内の健康の重要性などわかりやすく伝えている。

フォトギャラリー (画像クリックで写真拡大)

各拠点には保育スタッフ(有資格者)が常駐する保育ルームがあるので安心。小さな子どもを持つ女性も、自分のペースで仕事をすることができる

各家庭や事業所に出向き、毎日笑顔でヤクルト製品を手渡ししている。高齢者への安否確認など、ヤクルトスタッフが果たす役割は大きい

保育園などに出向く出前授業「おなか元気教室」では、ヤクルトオリジナル絵本「おなかくん」のお話しや、楽しみながらおなかを元気にする体操を通じて食事と排泄の大切さについて...

カラフルなヤクルトとかわいらしいヤクルトマスコットが目印の保冷車。東三河での愛飲者約5万人のために、毎日忙しくあちこちかけめぐる

関連ニュース

会社概要

社名 東三河ヤクルト販売株式会社
業種 卸売・小売業
住所 〒441-8032 愛知県豊橋市花中町54番地
地図 GoogleMap
TEL 0532-31-8960
FAX 0532-32-6708
交通機関 豊橋駅西口から車で5分
代表者 代表取締役社長 高橋豊彦
設立 1960(昭和35)年7月
資本金 4,500万円
事業内容 愛知県の東三河地方を中心に4市3町村(豊橋・豊川・新城・田原・設楽・東栄・豊根)のエリアでヤクルトブランドの商品各種を販売
事業所 本社=豊橋市花中町54 TEL.0532-31-8960
花中センター=豊橋市花中町54 TEL.0532-32-0301 エステサロン併設
豊橋東センター=豊橋市西小鷹野4丁目8-12 TEL.0532-62-3374 エステサロン併設
弥生センター=豊橋市弥生町中原16-2 TEL.0532-46-5379 エステサロン併設
二川宿センター=豊橋市大岩町東郷内232 TEL.0532-41-2628 
豊川みなみセンター=豊川市堺町2丁目27 TEL.0533-84-0744 エステサロン併設
小坂井センター=豊川市伊奈町佐脇原500-252 TEL.0533-72-6321
稲荷センター=豊川市豊栄町7-1 TEL.0533-85-0816
田原センター=田原市神戸字新大坪18 TEL.0531-23-1860
新城センター=新城市片山538-9 TEL.0536-22-2611
従業員数 86人 (2014年1月現在)
URL http://mainichi1pon-yakult.jp

沿革

1960(昭和35)年 豊橋ヤクルト販売株式会社設立
1967(昭和42)年 豊橋ヤクルト販売株式会社、豊川ヤクルト販売株式会社との合併により、東三河ヤクルト販売株式会社設立
1977(昭和52)年 株式会社三河ヤクルト工場を合併
2015(平成27)年 豊橋市西小鷹野に、豊橋東センター及び豊橋東ヤクルト直営サロンを新規開設

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.