過去の記事検索

▼サイト内記事から 512 件ヒットしました。512件中(1〜20件)

2019/06/06NHK学生ロボコン観戦記④
 決勝トーナメントでは、優勝候補の東京大学が、調整ミスにより準々決勝でまさかの敗退。結局、予選リーグで豊橋技科大を破った京都大学が優勝した。 同大会に15年ぶりに出場し栄冠を手にした京都大学は、着実に.....
2019/06/06災害に強い町づくり目指す
 講演やセミナーを通じて市民の防災意識を高める「第15回防災フェア」(NPO法人東海リスクマネジメント研究会主催、豊橋市、豊橋市商工会議所共催、東海日日新聞社など後援)が7、8日に、豊橋市神野ふ頭町の.....
2019/06/05NHK学生ロボコン観戦記③
 京都大学が東京工業大学に勝利したことにより、あえなく豊橋技科大の予選リーグ敗退が決まってしまったが、総当たり戦のため、まだ1戦残っている。予選リーグの2戦目、東京工業大学との試合が始まった。 1台目.....
2019/06/04NHK学生ロボコン観戦記②
 豊橋技科大は予選リーグでは京都大学、東京工業大学と試合を行う。予選リーグは3校の総当たり戦である。初戦は京都大学だった。 京都大学戦が始まった。豊橋技科大ロボコン同好会のロボットは、1台目(MR1).....
2019/06/03手探りで甲子園を目指す
 今春、新城と新城東が統合した新城有教館高校(長坂英司校長)は第1期生240人が入学し、新しい一歩を踏み出した。開校に伴い硬式野球部が創設され、杉浦聡初代監督の指導のもと、新入部員の1年生11人とマネ.....
2019/06/03NHK学生ロボコン観戦記①
 「ポン」 「シューン」 「ガッシャーン」。けたたましい音がするロボットには1年もの間、魂を込めて製作した学生や先生、応援者の視線が注がれている。 去る5月26日、東京蒲田にある日本工学院専門学校の片.....
2019/05/30愛知大学 同文書院スピリット継承へ着々
 愛知大学が豊橋の地に開学して73年。この間、中部私学の雄として各界に多くの有能な人材を輩出してきた。社会的評価が高まる一方、もう一段の飛躍によって全国区の大学を目指す試みも着々と進んでいる。「日本の.....
2019/05/30【寄稿】 新美南吉と東三河
 湯谷温泉と愛知県民の森の間に位置している新城市能登瀬地区を流れる宇連川は、別名、板敷川と呼ばれています。JR飯田線からの車窓の中でも、ひときわ美しい水辺の風景が堪能できる箇所としても知られています。.....
2019/05/23蒲郡市 盛大に市制65周年
 蒲郡市は今年、市制施行65周年を迎えた。1954(昭和29)年に県内15番目の市として誕生。25日に「市制施行65周年記念式典」を開き、26日には記念コンサートを行って、周年を祝い、さらなる発展を祈.....
2019/05/20国や言語の壁を越える
 国が外国人労働者の受け入れを拡大する新制度が4月から始まった。愛知県は在留外国人が東京都に次いで多く、人口に占める割合は3%を超す。多文化共生の地域づくりの重要性が増すなか、言葉や風習の違いから孤立.....
2019/05/13生き残り策「生態的展示」
 豊橋総合動植物公園「のんほいパーク」が、動物本来の生息地を可能な限り再現し、環境を含めて観察できる施設に変貌を遂げつつある。「生態的展示」と呼ばれる手法を積極的に取り入れることで来園客を引き付け、動.....
2019/04/29豊橋市上下水道事業の現状と今後
 施設の老朽化や人口減少により、自治体による水道事業の経営が危ぶまれている。昨年12月には、事業の官民・広域連携を促す水道法改正も行われた。そうした中、豊橋市は4月から、下水道使用料を値上げした。しか.....
2019/04/01後継者不足どこ吹く風
 春は入学式や歓送迎会など、新たな門出を祝って花を贈る機会が増える。特別な日の贈り物として人気の高いバラの花。栽培が高コストで撤退を強いられる産地もあるなか、国内1位の生産量を誇る豊川市では、農業者の.....
2019/03/25リトアニアと交流が加速
 豊橋市とバルト三国の1つ、リトアニアがつながりを強めつつある。2020年の東京五輪・パラリンピックの「ホストタウン」事業を入り口に、パートナーシティ協定の締結交渉や農業分野の連携を模索する動きが加速.....
2019/03/18年81回3000人規模の催し
 豊橋市は、豊橋公園で整備計画を進める新アリーナが完成した場合、「3000人規模のスポーツ・音楽イベントなどが年81回開催される」などとした来場者数と経済効果の試算をまとめた。Bリーグ三遠ネオフェニッ.....
2019/03/01きょうから春の火災予防運動
 市民の防火意識を高める「春の火災予防運動」が1日から7日まで、全国各地で開かれる。東三河各市の消防本部では、高齢者世帯を訪問しての防火診断や消防訓練などを実施。日ごろの生活から、火災に注意を払うよう.....
2019/02/18「寄付文化」定着を目指す
 ふるさと納税と組み合わせてインターネットで資金を集める「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」が全国の自治体で増えている。過熱する返礼品競争と一線を画し、寄付の新しい手法として注目が集まってい.....
2019/02/11若き情熱や発想で挑戦
 東三河の農業や畜産業を盛り上げようと、高校生や異業種から次々とアイデアが花開いている。既成概念にとらわれない柔軟な発想と、地域のためになりたいとの熱い思いを原動力に、地方発のビジネスモデルに道筋を付.....
2019/02/04期待と不安 議論は山場
 豊橋市が豊橋公園内に整備計画を進める新アリーナをめぐり、建設を望む声がある一方で、多くの課題が残されている。新アリーナをホームとすることになるBリーグ三遠ネオフェニックスの集客が低迷。市内で2カ所と.....
2019/01/15損害賠償保険に加入を
 自転車が絡む重大事故が増え、利用者に損害賠償保険の加入を義務化する動きが全国の自治体に広がっている。豊川市は、「自転車の安全な利用の促進に関する条例」(自転車条例)に保険加入の努力義務などを盛り込み.....

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.