東三河みごろ

2019/04/08

ソメイヨシノ(南牛川1丁目)

咲くまでは1日1日が待ち遠しかったのに、咲いたら咲いたで今度は「今年はいつまでもってくれるのだろう?」とドキドキ・・・毎年、桜の時期になると、ホント、人間てつくづく現金な生き物だなあと思う。寒の戻りなど、気象予報士泣かせの天気だったから、今年は一気に「咲いたー満開!」とはならずに少し盛り上がりに欠けるなあとは思ってしまうものの、そんな気候のおかげで意外に長持ち!?入学式までもってくれたから、桜の木の下を、大きすぎる新品のランドセルを背負い、親に手を引かれて歩く新入生の姿を見ることができたね。

朝倉川沿いのソメイヨシノも今が盛り。
でも間近で見てみると、すでに花吹雪を散らす樹から、まだ満開には至っておらずツボミをいくつも保ったままの樹もあったりと個性があっておもしろい。

桜の木を見上げていると、朝倉川で網をかきまわす子どもたちのにぎやかな声が聞こえてきて
水ぬるむおだやかな春のひとときを実感する。

普段の散歩道も、この時期だけは特別な散歩道。

ぼんやりピンクに染まった、特別でしあわせな空間。

有料会員募集

統一地方選挙2019選挙結果

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.