東三河みごろ

2017/01/22

なのはな(豊橋市杉山町)

久々に田原方面へ向かおうと、国道259号線を走っていると、
老津あたりから、沿道にぽつりぽつりと菜の花の黄色が目に入ってきて、
今年もまた菜の花まつりの時期が来たのだと実感。

ひときわ寒さ厳しい折に、春の訪れを楽しみにする気分が沸いてきた。

そう呼ばれるようになってから、というかそう呼ばせようとした当初は、
「この道のどこか!?」と首をかしげてしまうほど名前負けしていたが
数年前からだいぶそれっぽくなってきたと感じるようになった菜の花ロード。

昔を思うと、だいぶ菜の花を植えるようになった畑が増えてきたのだろう。

よく、悲しくても無理矢理笑顔を作るようにしていると、
次第に自然と笑顔が作れるようになってくると言うけれど、
「なんでも形から入ることも大事だな」と、菜の花ロードのドライブで実感。

まぶしい黄色をながめていると、心にもぽっと日ざしが入ってくるよう…。

春、早く来ないかな…。

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.