東三河みごろ

2017/11/06

紅葉(向山公園)

夜目遠目笠の内(よめとうめかさのうち)とはよく言ったもので、今年の紅葉は遠目が一番。

このところの晴天に散策をする姿も多い向山公園。
「みんな紅葉を楽しんでいるのかなあ」と、
おだやかな人々の笑顔に誘われるかのように、
しばし、車を駐めて紅葉を楽しむことに。

そして実際に、木の下に立ってみて思ったのが冒頭の一文。

そもそも遅い2度の台風のおかげで、今年の木々たちのなんと哀れなことか!
紅葉になる前、緑のうちから多くの葉が落ち、
かろうじて残る葉も、赤茶けていたり、ボロボロだったり。

まだ色づかず、緑の葉もある中、その疲れ切った様子に
もはや晩秋の雰囲気。

おかげで、被写体としてなんとか見栄えのする、
というか耐えられる木を探すのにもひと苦労。

でも、きっと、京都の紅葉は美しいに違いない!
ひとって美しさに幻想を抱く生き物だよなあ…とつくづく…

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.