東三河みごろ

2017/04/19

八重桜(豊橋市花中町)

あちこちの桜が葉桜になるころ、次の出番を待っていたかのように咲く桜。
会社近くの黒福公園にある数本も、濃いピンクの花をポンポンと付けたので、
「今年も次は八重の出番」と実感する。
新幹線高架下にある花中第二公園は、八重桜のプチ名所だと思っている。
ここもすでに見事に咲きそろい、濃いピンクの桜並木を作っていた。

薄墨のソメイヨシノもいいけれど、派手好き大阪おばちゃんとしては、
ピンクハウスや今どきで言うならリズリサみたいなフリフリの八重桜も好き。
ただ、咲く前の葉が、いきなり桜餅にくっつく茶色の葉っぱみたいな色がいただけない。

開花前、幹の色がより濃くなるかのように薄墨色の花色を引き立たせるソメイヨシノに対して、
濃いピンクと桜餅のようなくすんだ茶葉の八重桜。
「このセットはもったいないなあ」と、いつも残念に思うが、
これがまた花が咲くとだんだんと茶葉が鮮やかなグリーンティーカラーに変化してくるから驚き。


まだまだ続く桜の季節。枝垂れも八重も、どの桜もいいね。

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.