東三河みごろ

2018/06/07

花しょうぶ(賀茂しょうぶ園)

梅雨入りした途端、早く梅雨が明けないかなと思ってしまう。

江戸系、伊勢系、肥後系の色とりどりの花しょうぶが咲き競う賀茂しょうぶ園。
何年ぶりかに出かけたら、平日昼間でも駐車場整理の警備員の方がいて驚いた。
夜になると、まだホタル、飛び交っているのかな?

以前、公園緑地課の人にそれぞれの系統の見分け方を教えてもらったものの、
見分けられるのは肥後系のみ。それが自分の好みのタイプだったから
唯一おぼえているのかもしれないけれど、肥後系は、名は体を表すごとく
でっぷりと肥えた(!?)ボリュームのある花が特徴だったような・・・。

しょうぶまつりは10日まで、いまほぼ満開。
花しょうぶだけでなくこれから見ごろを迎えるあじさいが
沿道にこんもりと咲き、園全体に彩りを加えていた。

雨に濡れないバリアフリー歩道で園内を囲めば、もっと来園者が増えるだろうなあ。
雨の日来場で花しょうぶ一輪プレゼントとか、雨の日特典なんかあるとうれしいね。

どうして賀茂しょうぶ園の来場者アップの施策を考えているんだ?
みんなは何考えているんだろうね、花しょうぶを眺めながら。

梅雨も、それほど悪くない、かもね。

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.