【東日旗】第71回豊橋少年軟式野球選手権大会

選手権ゾーンは岩西バッファローズが15年ぶりV

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」としておなじみの歴史ある少年軟式野球大会。71回大会となる2018年は、7月7日から、市内38団51チームが参加して、紫紺の「東日旗」をめざして選手権ゾーン( 6年生以下)、ジュニアゾーン(5年生以下)=「がましん杯」としてそれぞれ試合を展開。その結果、選手権ゾーンは岩西バッファローズが15年ぶり2度目、ジュニアゾーンは吉田方ファイターズBが6年ぶり4度目の優勝をそれぞれ果たし、6日間の熱戦に幕を下ろしました。今年も東日新聞の本紙面には全試合のイニングスコアを掲載し、選手たちの力いっぱいのプレーが紙面を飾りましたが、6日間すべての日程を順調に終えることができました。
選手権ゾーン優勝の岩西Bは、8月19日から一宮市で行われるマクドナルドカップ第21回愛知県学童軟式野球選手権大会に豊橋代表として出場。準優勝の植田イーグルスと、抽選で決まった3位の芦原オネスターズは、8月25日に新城市の第39回東三河軟式野球選手権大会に出場します。

関連記事はコチラ

大会結果

!-- イニングスコア -->

イニングスコア(4日目 7月16日(月・祝)開催分)

選手権ゾーン

選手権・市営1・② 芦原オネスターズ×植田イーグルス

植田が着実に得点重ね勝利、両チーム女子選手も大活躍

 植田Eは初回、先頭打者から3者連続安打や暴投などで3点を先取した。その後も得点を重ね、最終回には小林未侑選手がダメ押しの本塁打を決めた。芦原Hは序盤に得点するも、続かなかった。

(芦)神藤―渡邊、(植)六車、小林凌―木戸 球=浅井▽塁=松本、久米、中尾

選手権・市営2・② 幸ヤンキース×岩西バッファローズ

初回の3点を見事に取り返す、岩西Bが逆転勝利

 初回、幸Yが本塁打で先制。以降は両者堅い守りで無得点が続いたが、5回から岩西Bの反撃開始。朝倉琉空仁選手が本塁打を決めるなどして6回までに同点とすると、最終回、逆転に成功した。

(幸)北添―澤口、(岩)筒井、朝倉琉―加藤 球=西川▽塁=俵田、板坂、中村

ジュニアゾーン

ジュニア・市営1・① 東田チェリーズB×富士見高豊クラブB

東田CBエース高橋が完投、2点差守り切り決勝へ

 東田CBはエース高橋投手が最後まで投げ切った。富士見は継投を試みたものの調子を上げることができなかった。打っては東田CBの中西選手が本塁打を決めるなどして逃げ切った。

(東)高橋―竹下(富)坂口、田京、坂口―砂田 球=浅井▽塁=伊藤、冨田、鈴木

ジュニア・市営2・① 吉田方ファイターズB×栄ドリームズB

両者譲らぬ攻防戦、吉田方Bが逆転勝利

 序盤は両者好機を作るも、得点につながらず。均衡が破れたのは3回で栄DBの花井選手が1点を先取。しかし5回から吉田方Bが反撃。木部選手が1点を入れると、6回に勝ち越し、逃げ切った。

(吉)杉本―松井、(栄)井上、竹下―花井 球=中島大▽塁=井端、朝倉、勝

 

試合結果

出場チーム一覧 (写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます)

●選手権ゾーン

旭ベアーズA

芦原オネスターズA

東田チェリーズA

石巻ウインズA

磯辺マックスA

イムレペッカーズA

岩田スターズA

岩西バッファローズA

植田イーグルスA

牛川パイレーツA

老津少年野球団A

小沢パワーズA

栄ドリームズA

汐田ブルースカイズA

下地メッツA

杉山グリーンズA

鷹丘ホークスA

高師スカイラークスA

多米フリッパーズA

つつじフォックスA

天伯ファイターズA

野依フェニックスA

八町レッズA

花田スラッガーズA

羽根井ランパートA

富士見高豊クラブA

二川ピューマーズA

二川南レッドファイターズA

細谷黒潮ボーイズA

松葉ブラザーズA

松山ボーイズA

幸ヤンキースA

向山ビクトリーA

牟呂サンライズA

豊ビーンズA

吉田方ファイターズA

●ジュニアゾーン

芦原オネスターズB

東田チェリーズB

岩西バッファローズB

植田イーグルスB

牛川パイレーツB

大清水シャークスB

栄ドリームズB

下地メッツB

杉山グリーンズB

鷹丘ホークスB

中野ドルフィンズB

羽根井ランパートB

富士見高豊クラブB

幸ヤンキースB

吉田方ファイターズB

大会要項

主催 東海日日新聞社
主管 豊橋野球協会・豊橋少年軟式野球連盟
特別協賛

蒲郡信用金庫

協賛 東三河ヤクルト販売株式会社
後援 豊橋市・豊橋市体育協会・豊橋市教育委員会・豊橋北ロータリークラブ・豊橋サンデーベースボールクラブ・豊橋愛球会・ダイワマルエス株式会社
開催日及び球場

7月7日(土・初日)市営球場(3面)、石巻球場(3面)
※開会式/8:00〜 市営球場にて
試合開始①10:00〜②11:40〜③13:20〜④15:00

7月8日(日)市営球場(3面)、カモメ球場(1面)
試合開始①9:00〜②10:40〜③12:20〜④14:00

7月14日(土)石巻球場(1面)

試合開始①9:00〜②10:40〜③12:20〜④14:00

7月15日(日)明海球場(1面)
試合開始①9:00〜②10:40〜③12:20〜④14:00

7月16日(祝)市営球場(2面)
試合開始①9:00〜②10:40〜

7月21日(土)東田球場(1面)
試合開始①9:00〜(ジュニア決勝戦)②10:40〜(選手権決勝戦)

※閉会式/(選手権決勝戦終了後)東田球場にて

※日程、会場は天候等により変更になる場合があります。

監督会議 平成30年6月3日(日)17:00〜 豊橋市総合体育館 第1会議室
試合球 全軟連公認球C号マルエスボール

【参加資格と大会規定】

◎選手権ゾーン(6年生以下のチーム)、ジュニアゾーン(5年生以下のチーム)の2つのトーナメントを行う。

◎チーム編成は原則として同一地域内の学童(原則として4~6年生)によって行い、選手18人以内と成人の代表者、監督、コーチを登録する。尚、6年生が1人でもいる場合は選手権ゾーンに登録・出場すること。
(チームの事情により主催者が認める場合はその限りではない)

◎参参加チームは豊橋スポーツ少年団及び豊橋野球協会・体育協会に加入し、選手全員がスポーツ障害保険加入者であること。

◎参加選手は統一のユニホームを着用。背番号は0~99番で、監督30、コーチ28.29主将10。ただし、ジュニアゾーンについては、選手に限ってはその限りではない。金具つきスパイクは使用禁止。

◎試合中の抗議は監督または当該プレーヤーに限る。

◎ルールは2018年公認野球規則に準ずる。
試合は7回戦とし、試合時間は1時間30分で以後新しいイニングに入らない。
優勝戦はA・Bゾーンとも、時間の制限を外し7回までとする。
同点の場合は、特別ルール(両チーム無死満塁からプレーを行う)を採用する。投手の投球回数の制限は、1日7イニングまでとする。
(ただし、特別延長試合の場合は、その回が終了するまでは可能とする)
その他、豊橋少年軟式野球連盟の注意事項、申し合わせ事項に基づく。

◎試合開始30分前に本部にて先行、後攻の抽選を行います。監督と主将は時間までに本部に集合すること。

◎メンバー表は、本部に3枚(本部用、審判用、相手チーム用)提出すること。

◎選手権ゾーン優勝は県大会、準優勝と3位1チーム(抽選で決定)の計2チームが東三河大会に出場する。

その他連絡事項、お願い等

○開会式当日の開催連絡は当日6:00に主催者より連盟経由で連絡します。
市営球場の駐車場が少ないためなるべく乗り合わせの上、お越しください。初日第一試合開始は10:00です。東田球場へ移動のチームは遅れないよう配車をお願いします。

○1回戦・2回戦は各チーム塁審を出してください。

○試合中の審判へのお茶出しは、当該両チームでお願いします。お茶出しのタイミングは、当日の天候を考慮し両チームで話し合いの上調整してください。

○翌日の東日新聞紙面で全試合のイニングスコアと戦況を掲載予定。

大会に関するお問い合わせ

東海日日新聞社・事業部
電話.0532-53-2800(平日10:00〜17:00)
FAX.0532-53-7222(24時間受付)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.