第66回豊橋少年軟式野球選手権大会

東海日日新聞社主催、豊橋野球協会、豊橋少年軟式野球連盟主管、今年で66回目を数える歴史ある少年軟式野球大会。
今年も6年以下の選手権ゾーンと、5年以下のジュニアゾーンに分かれて7月27日からトーナメント戦を開催。今年から、蒲郡信用金庫が特別協賛し、選手権ゾーンは「東日旗」、ジュニアゾーンは「がましん杯」をかけて熱戦を展開します。
また、これまで第一試合の前夜(金曜夜)に全チームが集まって行うことが恒例だった開会式が、今年は初日の朝に豊橋市営球場で行うこととなりました。

※写真はイメージです。

大会要項

主催 東海日日新聞社
主管 豊橋野球協会・豊橋少年軟式野球連盟
特別協賛

蒲郡信用金庫

協賛 豊橋信用金庫・中部ガス株式会社・東三河ヤクルト販売株式会社
後援

豊橋市・豊橋市体育協会・豊橋市教育委員会・豊橋北ロータリークラブ・豊橋商工会議所・
豊橋サンデーベースボールクラブ・豊橋愛球会・ダイワマルエス株式会社

開催日

平成25年7月27日(土)~7月30日(火)<予備日7月31日(水)>

球場 豊橋市営球場・石巻球場・東田球場
開会式 平成25年7月27日(土)午前8時 豊橋市営球場
監督会議 平成25年7月7日(日)午後6時 豊橋市体育協会会議室
試合球 全軟連公認球C号マルエスボール

【参加資格と大会規定】

◎チーム編成は原則として同一地域内の学童(原則として4~6年生)によって行い選手18人以内と成人の代表者、監督、コーチを登録する。(チームの事情により主催者が認める場合はその限りではない)

◎参加チームは豊橋スポーツ少年団及び豊橋野球協会・体育協会に加入し、選手全員がスポーツ障害保険加入者であること。

◎参加選手は統一のユニホームを着用。背番号は0~30番で、監督30、コーチ28.29主将10。ただし、ジュニアゾーンについては、選手に限ってはその限りではない。金具つきスパイクは使用禁止。

◎試合中の抗議は監督または当該プレーヤーに限る。

◎ルールは2013年公認少年野球規則に準ずる。
試合は7回戦とし、試合時間は1時間30分で以後新しいイニングには入らない。
優勝戦はA・Bゾーンとも、時間の制限を外し7回までとする。
同点の場合は、特別ルール(両チーム無死満塁からプレーを行う)を採用する。投手の投球回数の制限は、1日7イニングまでとする。
(ただし、特別延長試合の場合は、その回が終了するまでは可能とする)
その他、豊橋少年軟式野球連盟の注意事項、申し合わせ事項に基づく。

組み合わせ・勝敗表

試合結果・イニングスコア

関連記事リンク

大会に関するお問い合わせ

東海日日新聞社・事業部
電話.0532-53-2800(平日10:00〜17:00)
FAX.0532-53-7222(24時間受付)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.