市民劇「ひとすじの糸」の舞台裏㊦

悲しみ 愛情の先に希望 歴史語り継がれ明日の街に成る

2016/06/06

 小淵しちは、盲目の一人娘を残して、豊橋の二川にやって来た。そこには、さまざまな事情があったものの、市民劇では、親子の情愛が切なく豊かに描かれていた。成長した娘のもとを訪れる三味線響く旅館の場面。深い悲哀を通じて愛情は生まれると思った。 「...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2016/06/06 のニュース

渡邊美知子さんは、天を見上げて小淵しちを演じきった

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.