【ティーズ】番組から 

強豪チーム同士が力と技を発揮

二川宿「本陣カップ」(豊橋)

2018/11/16

【穂の国スポーツ】
 第24回アズーリ豊橋SC招待サッカー小学4年生大会・二川宿「本陣カップ」は3、4両日、豊橋市総合スポーツ公園多目的グラウンドかもめ広場で開かれ、全国各地から集まった24チームが2日間の激しい熱戦を繰り広げた。

 今大会は、ゲームの内容と勝負にこだわることのできる大会として位置付けられ、日本中から集結した強豪チーム同士が優勝を目指し、チーム力や個人技など日頃の練習の成果を発揮した。

 東三河勢では、ASラランジャ豊川や蒲郡FCマリナーズなどが参加し、勝利へ向かって他地区の強豪チームと一進一退の緊迫した攻防戦を展開した。

 決勝では、名古屋グランパスU10が安定感抜群の強さで2―0と新座片山フォルティシモ少年団(埼玉県)を下し、見事に優勝を勝ち取った。

 また、準決勝と決勝では、豊橋市で初のJリーグ・プロ審判員を目指す牧野大輔さんが主審を務め、冷静なジャッジで好試合を演出した。

 最優秀選手には、内海壱惺(グランパス)が選ばれ、スポンサーを務める豊橋魚市場から恒例の特大タラバガニが贈呈された。

2018/11/16 のニュース

名古屋グランパスが優勝を手にした

豊橋魚市場から特大タラバガニが贈られた

有料会員募集

東三河学生就職NAVI「リクrooting」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.