過去の記事検索

▼サイト内記事から 8996 件ヒットしました。8996件中(21〜40件)

2018/05/17独創的な作品に期待
 豊橋市の篆刻家(てんこくか)・児玉東城さんと教え子による「第30回砥尚印會てんこく展」は、市美術博物館第2展示室で開かれている。20日まで。 出品されているのは東城さんと、市内で開いている5教室の生.....
2018/05/17動きある少字数作品紹介
 豊橋市内で書道教室を開いている「峯雲会」代表の河原彩雲さんと副代表の角谷玉雲さん、生徒による「2018年第11回峯雲書展」は、市美術博物館第3展示室で開かれている。20日まで。 峯雲会は終戦間もない.....
2018/05/17宿場を詠んだ俳句募集
 豊橋市二川宿本陣資料館は、旧東海道の二川宿周辺を詠んだ俳句を募集している。 資料館や市美術博物館、豊橋市民文化会館などで配布する規定の用紙に自作の俳句をしたため、来年2月末までに提出する。 寒雷同人.....
2018/05/17指導者亡き後も活動
 豊橋市の写真塾「写楽」の「第18回豊橋支部写真展」が、市美術博物館講義室で開かれている。20日まで。今年1月に亡くなった二科展写真部会員で写真家の平出勝也さんが指導しており、遺作も展示されている。 .....
2018/05/17「楡の木作品」力作並ぶ
 豊橋市三ノ輪町の豊橋商工信用組合三ノ輪支店(近藤貴博支店長)ロビーで、市内の牛川通2丁目のNPO法人「ケアサポート楡の木」に通う障害のある子どもたちの「楡の木作品展」が開かれている。31日まで。土・.....
2018/05/16和洋織りまぜ 広がる空間
 白井道子さん(雅号・守華)が主宰する水墨画グループ「鳳墨会」の第4回作品展は15日、豊川市桜ケ丘ミュージアムで始まった。20日まで。 会場には白井さんと生徒を合わせた16人が2点ずつ出品。身近な風景.....
2018/05/16貴重な初期作品など62点
 郷土ゆかりの日本画家・星野眞吾氏(1923~1997年)と妻の高畑郁子さんが、豊橋市に寄贈した作品を中心とした「星野眞吾・高畑郁子二人の足跡」展が15日、豊橋市美術博物館2階展示室で始まった。一般公.....
2018/05/16幅広い年代の絵画70点並ぶ
 第21回一葉会展が15日、豊川市桜ケ丘ミュージアムで始まった。豊橋市に住む画家小出敏行さんと教え子の会員19人が水彩画や油彩画など計70点を出品した。 作品のほとんどが新作で、身近な風景などを中心に.....
2018/05/16彩る大作など6点展示
 田原市田原町の豊橋商工信用組合田原支店(田代英二支店長)ロビーで、豊橋市の鳥居昭市さんの絵画展「うごく太陽に追いつけ追いこせ」が開かれている。31日まで。土・日休み。 鳥居さんは美術団体「等迦会」に.....
2018/05/16〝個性も成長〟1年間の成果披露
 近代日本美術協会理事豊橋支部長の福田守男さん(77)と教え子による「第44回アートサークル『窓』絵画展」が、豊橋市呉服町のギャラリー48で開かれている。20日まで。 出品されているのは、福田さんと市.....
2018/05/15駅で花のまち豊橋PR
 「花のまち豊橋」をPRしようと豊橋市は14日、同市花田町の豊橋駅東西自由連絡通路で、市民と協力して豊橋産のアジサイの鉢植えを設置した。 「花のまち豊橋アンバサダー」として登録した市民4人が参加し、ア.....
2018/05/15「掌の記憶―和紙で暮す―」開催
 小原和紙創作ユニット「かのうともみひさし」さんの作品展「掌の記憶―和紙で暮す―」は、豊橋市向山大池町のギャラリーサンセリテで開かれている。6月10日まで。水曜休廊。 ユニットを構成しているのは、豊田.....
2018/05/14豊川高美術部2人が総文祭へ
 豊川市の豊川高校美術部3年の水谷萌さん(17)と佐橋未希子さん(17)の2人が8月に長野県である全国高校総合文化祭(総文祭)に県代表として油絵を初めて出展する。 水谷さんの作品は「憧憬」。堀と風情の.....
2018/05/14児童ら地元縁の武将ら演じる
 歴史の街・新城市のイベント「しんしろ戦国絵巻3部作」第2弾となる第40回作手古城まつり(実行委など主催)は13日、新城市つくで交流館で開かれた。雨により火縄銃演武は行われなかったが、市内外から多くの.....
2018/05/14141人が参加 成果披露
 三河歌謡連盟(松井兼司会長)は13日、豊川市文化会館中ホールで、「第26回歌のフェスティバル」(豊川文化協会、東海日日新聞社など後援)を開いた。連盟の会員など141人が出演し、日頃の練習の成果を披露.....
2018/05/14郷土文芸作品を募集
 豊橋市は東三河に住む人を対象に、郷土文芸作品(現代詩、短歌、俳句、川柳)を15日から募集する。 現代詩は1人1編(20字×30行以内)で、市販の原稿用紙を使う。短歌、俳句、川柳は各2首以内をはがきに.....
2018/05/13丹精込め 緑の美しさ
 豊橋小品盆栽会による「第39回小品盆栽銘品展」が12日、豊橋市向山大池町の市民文化会館で始まった。13日まで。 出品されているのは、会員19人による28席。季節的にも新緑の美しさが映える花ものや山野.....
2018/05/13多彩な書体など書道に触れる
 「日本習字・梅の会」(上田光代代表)による第6回習字作品展は、豊川市桜ケ丘ミュージアムで開かれている。さまざまな書体で書かれた作品展示や、習字の魅力に触れてもらうための実演もある。13日まで。 3年.....
2018/05/13翔子さん実演で揮毫披露
 ダウン症の書家、金澤翔子さん(32)の席上揮毫(きごう)と、母泰子さん(74)の講演会(国際ソロプチミスト=SI=豊橋主催、東海日日新聞社など後援)が12日、豊橋市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場.....
2018/05/12最高峰の音色体感して
 バイオリンとピアノの音楽公演「気まぐれコンサート・その28」は、6月17日(日)午後2時から豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾートで開催する。東海日日新聞社など後援。 ウィーン・フィルハーモニー.....

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.