過去の記事検索

▼サイト内記事から 9148 件ヒットしました。9148件中(1〜20件)

2018/07/23山西教育長がエール送る
 三河湾沿いの神野新田の開発の歴史を描く群像劇「神野新田物語」の稽古場を22日、豊橋市教育委員会の山西正泰教育長が訪れ、子役たちを激励した。 市民団体「ひとすじの会」が主催し12月22、23両日に穂の.....
2018/07/23親子で工作に挑戦
 田原市緑が浜の「緑が浜公園」の研修室、和室、ホールで8月5日、「親子で参加!夏休みの工作!クラフト体験イベント」(田原造園協同組合)が開かれる。 体験できるのは「タティングレース」(ブローチ)、「ク.....
2018/07/23地元歴史ファンら聴講
 故郷の歴史講座「鷹丘の鎌倉街道~頼朝伝説と鎌倉街道を追う~」が21日、豊橋市の東陵地区市民館大集会室で開かれた。鷹丘校区の鷹丘文化協会(鈴木武和会長)が主催し、校区民や地元の歴史ファンら約60人が聴.....
2018/07/21きょう開幕 豊橋市美博初の岸田劉生展
 日本の近代美術史に大きな足跡を残した岸田劉生さん(1891~1929)の代表作などを集めた初めての「岸田劉生展―実在の神秘、その謎を追う」が21日、豊橋市美術博物館1階展示室で始まる。一般公開に先立.....
2018/07/21何げない日常スマホでパチリ
 会員制子育てサークル「小坂井おやこ劇場」のママたちで作る「乙女の会」による初めての写真展が、豊橋市東脇4のcaféフレンズで開かれている。8月1日まで。木曜定休。 出品されているのは、豊川市に住む5.....
2018/07/20当時の衣類や日記など展示
 太平洋戦争中の新城高等女学校生徒の生きた証しを伝える特別展「新城高等女学校と学徒動員」が新城市の長篠城址史跡保存館で開かれている。血染めの遺品などが出品されており、訪れた人たちは戦争の悲惨さをかみし.....
2018/07/20気軽にアップ
 豊川市は、来年の卓上カレンダー「とよジェニックカレンダー2019」に使用する写真をインスタグラム限定で広く募集する。国内外誰でも応募できる。10月31日まで。 撮影場所は市内で、イベントや祭り、風景.....
2018/07/20「自分らしさ」言葉と絵で表現
 豊橋市の己書家・原田暁一さん(32)の個展「言葉の力」が、市内三ノ輪町のカレーとコーヒー&ギャラリーミューズで開かれている。29日まで。火曜定休。 出品されているのは、筆ペンや水彩を使用し、「自分ら.....
2018/07/19舞台に立って芸術表現
 元劇団四季の天野陽一氏が主宰する「劇団アートブリッジ」が29日、豊橋市西小田原町の「穂の国とよはし芸術劇場プラット」でミュージカル(東海日日新聞社など後援)を公演する。市民参加型で、一般公募で集まっ.....
2018/07/18約560点の花器などずらり
 豊川市桜ケ丘ミュージアムで制作活動をしている9つの陶芸クラブによる合同の作品展が17日、ミュージアムで始まった。22日まで。 出品しているのは、サタデークラブと凡、土楽、作陶会、桜ケ丘陶芸クラブ、ろ.....
2018/07/1822日から松平健主演ミュージカル
 豊橋市出身の松平健さん主演のミュージカル『キス・ミー・ケイト』が22、23両日、市内西小田原町の「穂の国とよはし芸術劇場」主ホールで上演される。松平さんはケイト役の一路真輝さんと元夫婦をコミカルに演.....
2018/07/18細いペンで精密な表現
 豊橋市の山下武士さん(22)の個展が、市内広小路1の「しげしげキバコ」(ときわアーケード竹本ビル3階)で開かれている。21日までで、午前10時~午後1時30分。作家は19日を除き、在廊する予定。 出.....
2018/07/18自由な発想の風景など活写
 豊川郵便局職員を中心とする写真愛好者らが活動する写郵会(赤川仲男代表)の「第24回写真展」は17日、豊川市桜ヶ丘ミュージアムで始まった。22日まで。 60~80代の会員18人が27点を出品した。風景.....
2018/07/17漢詩から外交の心構え
 新城出身で日本開国の立役者の岩瀬忠震(いわせ・ただなり)の書や書籍などの資料を集めた夏の企画展が、新城市の設楽原歴史資料館で開かれている。 岩瀬は、同市東郷地区を拠点とした旗本・設楽貞丈の三男として.....
2018/07/16懐かしの曲聴衆堪能
 フォークソングを楽しむイベント「しんしろ・フォークソング・フェスタ2018」(エキサイティング・シニア・カーニバル実行委員会主催、東海日日新聞社など後援)が15日、新城文化会館で開かれ、聴衆約400.....
2018/07/15文化・伝統の継承を
 東三河の文化を語る会(豊田俊充会長)は14日、豊橋市向山大池町の市民文化会館で、第22回講演会として「シンポジウム―東三河の文化・伝統を受け継ぐために」を開き、地域住民ら約90人が参加した。東海日日.....
2018/07/15幅広い層からそろう
 新城美術協会による2018年度夏季展が14日、新城市の新城文化会館展示室で始まり、多くの市民でにぎわっている。 出品されているのは会員44人のうち34人から水彩や油彩、パステル、アクリルなど72点。.....
2018/07/14浮世絵風美人画など力作32点
 新城市の吉川公民館で活動するデコパージュクラブ(戸田京子代表)による作品展が、豊橋市中岩田のアートサロン喫茶イブで開かれている。31日まで。日曜定休。 出品されているのは、クラブ員8人から静物や風景.....
2018/07/13世界で一つだけ、音もそれぞれ
 新城市作手菅守に住む漆伝統工芸士・斎藤正善さん(70)がこのほど、星座を装飾した螺鈿(らでん)の南米の打楽器「カホン」を完成させた。「星空の聖地」奥三河で特産品「星☆干」をPRする奥三河観光協議会(.....
2018/07/12安土桃山期の物と判明
 豊橋市の吉田城址から出土したとされる鬼瓦は、戦国大名の池田輝政(1565~1613年)が安土桃山時代に城の改修で使ったものとみられる。豊橋市文化財センターは10日発表した。豊臣秀吉が徳川家康を警戒す.....

有料会員募集

東日旗】第71回豊橋少年軟式野球選手権大会」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.