そのとき私は仙台にいた

2012/03/11

◆消えゆく「日常のしっぽ」◇ 2011・3・11・2・46―。決してこの数字の連なりを忘れることはできない。毎朝、新聞を手に取ると、真っ先に被災者の数に目を通す。ごっそり減った不明の人数が、死亡の欄に追加されている日は気が滅入った。「一面荒...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2012/03/11 のニュース

地震の揺れで壁から落下し、止まった時計(仙台市内で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.