前向きアクティブライフ

パーキンソン病享受「これも運命」/豊橋技科大の松島史朗教授/人とのつながり支えに/「そのうち新しい治療法見つかるかも」

2017/12/15

 原因不明の難病「パーキンソン病」を享受し、前向きに生きることを決めた人がいる。豊橋技術科学大学建築・都市システム学系教授で建築を教える松島史朗さん(59)だ。12年間、学生や同僚に明かしていなかった病気を告白。脳に電極を埋め込む手術を受け...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/12/15 のニュース

病気について説明する松島さん(豊橋技術科学大学で)

入院中も職員を喜ばせた大好きな「楽描き」の数々

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.