高校生のための地元企業紹介「SOURCE」 

企画連載特集トップインタビュー⑫

永田鉄工/林 臣充社長「多品種・多分野で展開」

2019/06/11

 創業70余年、「歯車」製造に特化した会社です。歯車ひとつから大量生産まで短納期でできるため、新製品の試作用の歯車といったオーダーも多く受けています。

 取引先は月平均で50~60社、業界は10数業界。これまでに製作した歯車は1万数千種にものぼります。

 当社最大の強みは、歯車の歯面を高精度に削る研削加工にあります。最新鋭のマシンと、長年培ったノウハウで、精度の高い超精密歯車を生み出しており、現在、最新スマートフォンの製造ラインやロボット関連など、最先端の技術を支える業界からのニーズが高いです。自動車メーカー向けなどの産業用ロボットの精密歯車製造も進めています。

 昨年5月に社長に就任し1年が経ちました。当社がめざすのは、1社依存や、かたよった業界というオンリーワンではなく、業界ナンバーワンであること。今後も少量多品種であらゆる業界のものづくりに応えていきたいと思っています。

 高品質な製品を短納期で納める「品質とデリバリー」にこだわっていますが、そのためには常に最新鋭の設備を完備することと、そこで働く人財(ざい)も重要。積極採用を続けながら、人財育成にも力を入れていく予定です。

 今春に高精度な歯面研削加工を専門とする歯研工場が完成しました。7月から8月にかけてフル生産をめざしています。

 時代の流れで市場のさまざまな製品がダウンサイジングする中、それぞれに組み込まれる部品も小型化が進んでいます。そういった市場のニーズを受け、当社は今後ますます精密歯車製造の分野を伸ばしていく予定であり、その中でも小型の精密歯車製造に力を入れていきたいと考えています。

 ※永田鉄工=豊川市宿町野川1―12、TEL0533(72)2131、各種精密歯車の製造販売、金属熱処理の加工

2019/06/11 のニュース

林 臣充社長

有料会員募集

東三河合同企業説明会

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.