紅茶のいいこと、見つけに行こう!

名古屋にリプトン「Good in Tea 」の期間限定ストアがオープン

2017/02/02

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング(本社:東京都目黒区、フルヴィオ・グアルネリ代表取締役&CEO)が展開する紅茶ブランド・リプトンが提案する冬の紅茶の新しい楽しみ方、「 Good in Tea(=グッド・イン・ティ)」の期間限定ストアが1日、名古屋栄のオアシス21(名古屋市東区)にオープンした。22日まで。

 「 Good in Tea」は、同ブランドが提案する冬の紅茶の新しいスタイルで、特製の「リプトンランタンジャー」に、紅茶とドライフルーツなどを入れてアレンジを楽しむというもの。気分に合わせて選びやすいように「あたたまる= Warming」「おちつく=Relaxing」「とろける=Meiting 」「すっきりする=REFRESHING」「おぎなう=CHARGING」と名付けられた5種類を用意。紅茶本来の味と香りを楽しみながら、ドライフルーツなどのアレンジによって次第に変わるフレーバーを満喫。紅茶を飲み終わった後にはドライフルーツなどを味わったり、ランタンジャーにLEDライトを入れればランタンなど、インテリアとしても活用できる。

 オアシス21 NHK名古屋放送センタービル連絡通路付近には、移動キッチンカー「Good in tea Car」が登場。訪れた人たちは、同車から提供される5つの味を楽しんでいた。おすすめは、1月20日に新発売の日本限定フレーバー「さくらティー」をベースにした「おちつく=Relaxing」。ドライオレンジやドライベリーミックスなどが入り、サクラとオレンジの香りで気持ちをほぐしてくれる。

 同企画の第一弾として、フルーツを自分好みにカスタマイズして楽しむ「 Fruits in Tea(=フルーツ・イン・ティ)」のカフェが、昨夏、東京の表参道に期間限定オープンし、行列ができるほど話題を呼んだが、今回は、東京の期間限定スタンド「Good in tea Stand」だけでなく、移動キッチンカー「Good in tea Car」で名古屋と大阪、東京を巡回することとなった。「心も身体も温まる5つのフレーバーを味わいながら、ぜひこの機会に冬の紅茶の楽しみ方を広げてほしい」と主催者は話していた。

関連リンク

2017/02/02 のニュース

5種類の紅茶に合わせたアレンジが楽しめる「Good in Tea」

キッチンカー「Good in Tea Car」から提供される

ランタンジャー=1,000円(数量限定)、カップ=500円。自宅で楽しめるキットも(1,000円)。※いずれも税込み

オアシス冬の風物詩・スケートで楽しんだ後は「Good in Tea」でほっとひと息!

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.