豊橋駅前の「新陳代謝」活発化

新ビルなど次々竣工/ハード面「使い勝手のよく」/今後「訪れたい」と思わせる仕掛け重要

2017/04/19

 豊橋駅前の風景が、ここ数年で大きく様変わりしようとしている。新たな建物が次々に建ち、まちの新陳代謝が進む。東三河の玄関口と呼ぶにふさわしい賑わいを取り戻せるかどうかは、ハードの整備とともにソフト事業も重要になってきそうだ。(中嶋真吾) こ...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/04/19 のニュース

再開発で豊橋市駅前大通に建設されるビルの模型(名豊ビルの「まち・記憶・みらい」特別展示会場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.