【ティーズ】番組から 

寒風に負けず 参加者ら激走

田原リレーマラソン

2017/12/15

 第4回田原リレーマラソン(同実行員会主催)は3日、田原市野田町の農業公園「サンテパルクたはら」で開かれた。吹き抜ける寒風にも負けず、参加者らは熱い走りを繰り広げた。

 豊橋、田原市を中心に80チーム余りから約600人が出場し、過去最多を記録。1チーム5~14人編成で、公園内の芦ヶ池のほとりに設定された1周約1・5キロのコースをたすきをつないで14周する間のタイムを競った。

 この日は快晴で肌を刺すような冷たい風が吹いていたが、一生懸命に走る選手たちの額には汗が光った。ちびっこランナーも元気いっぱいの走りで沿道からの声援を受けた。速さを追い求めるだけでなく、楽しく走るのもこの大会の特徴。サンタクロースやウォーリー、トマトなど愉快なコスプレが観客の人気を集めた。寒空に全身タイツもいれば、防火服に身を包んだ消防隊員やパンダなどの着ぐるみに入って走る〝猛者〟もいた。

 一般部門の1位はTTランナーズで1時間6分39秒、キッズ部門の1位は田原陸上クラブ長距離チームで1時間25分7秒だった。

 大会の成功を語る上で忘れてならないのがボランティアの存在だ。地元や田原市陸上協会の関係者など30人余りが裏方として運営を支えた。

2017/12/15 のニュース

勢いよく走り出す選手ら(サンテパルクたはらで)

楽しめる大会なので、かぶり物もアリ(サンテパルクたはらで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.