医王寺で弘法大師大祭

餅投げや大道芸なども参拝客ら楽しむ/豊橋

2018/03/05

 「さざんか寺」として親しまれている豊橋市東細谷町の医王寺(山田正臣住職)で4日、年に1度の恒例行事「弘法大師大祭」が開かれ、約500人が訪れた。商売繁盛や家内安全などを祈る大祈祷(きとう)のほか、境内では餅投げや大道芸などがあり、地域の子...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/03/05 のニュース

バランスを取りながら炎のジャグリングを披露するTAKAYAさん(豊橋市・医王寺で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.