「父の日」の贈り物も充実

豊橋創造大学生らが運営の靴下ショップ/「年齢問わず来店を」

2018/06/07

 豊橋市の豊橋創造大学経営学部3年生の学生が、市内の松葉町で靴下ショップ「SOZO SOCKS STATION」を運営している。

 経営学部が企業との連携で取り組むプロジェクトの一つで、3年生の必修科目として行われる実習。4年前に始め、今年が第5期となる。

 運営をしているのは7人。店内にコーナーを設け、キャンペーンを行う。第一弾は「父の日」に合わせ、父親に贈りたい商品をそろえる。

 学生たちは通行人にあいさつをして宣伝用チラシを配って来店を呼びかけ、顧客データをまとめる作業もしていた。

 連携している靴下製造、販売の「ナイガイ」(東京都港区)と「巽繊維工業所」(奈良県橿原市)から商品を仕入れる。販売から企画、宣伝まで行う。

 営業は、学生の授業もあって土、日曜日に限定している。
店長の松井隆弥さん(21)は「みんなで力を合わせて頑張っている。今後は若い層向けの商品も仕入れたい。年齢を問わず来店してほしい」とPRしている。

2018/06/07 のニュース

店で働いている学生たち(SOZO SOCKS STATIONで)

チラシを配る学生たち(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.