〝開かずの踏切〟募る危機感

西小坂井駅東西連絡橋建設促進協議会/地域住民らと機運高める/豊川

2023/11/20

朝の登校時間帯、警報機が鳴っても線路内に残る子どもたち(西小坂井踏切で)

 豊川市伊奈町のJR西小坂井駅近くの西小坂井踏切では、通学する子どもらが危険と隣り合わせだ。構造上、警報機が鳴っても線路内に児童らが残ってしまう深刻な事態も。地元住民らで組織された「西小坂井駅東西連絡橋建設促進協議会」(伊藤憲男会長)が切実...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2023/11/20 のニュース

朝の登校時間帯、警報機が鳴っても線路内に残る子どもたち(西小坂井踏切で)

小坂井西小の児童が描いた、線路をまたぐ連絡橋を描いた絵

有料会員募集

今日の誌面

きらり東三河

吉田城若駒戦2023

高校生のための東三河企業情報サイト

ソースSHOP

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP