新たなモビリティの価値創造へ

電動キックボード/ワイヤレスで自動給電/豊橋市中心部で実証実験始まる

2024/01/14

給電ポートで電動キックボードの傍らに立つパワーウェーブの阿部晋士社長㊧と種田憲人副社長(豊橋駅南口駅前広場で)

 ワイヤレスで電動キックボードに自動的に給電する実証実験が13日、豊橋市中心部で始まった。豊橋技術科学大学発のベンチャー企業が開発した技術を用い、充電にかかる手間を軽減することで新たなモビリティの価値創造につながると期待される。

 同実験では、ワイヤレス給電ができる車両を含め計10台の電動キックボードを豊橋駅南口駅前広場とエムキャンパス、こども未来館、市役所の計4カ所に配置。それぞれの場所には、薄い板状の給電ポートも設置した。

 同ポートの上に駐輪するだけで、車体下部の受電ユニットに無線で電気が送られ、自動で充電する仕組み。一晩で1日分の充電が可能だという。豊橋技科大発ベンチャーのパワーウェーブ(同市)が技術を開発した。

 16歳以上の人が市街地を回遊する際に、運転免許なしで利用できる。30分200円。期間は2月12日まで。

 同実験ではコスト削減効果を調べるほか、利用者からアンケートを取る。将来的に広範なビジネス展開が見込まれている。

 従来の電動キックボードは、コードで車両と充電装置をつないだり、バッテリーを取り出したりする必要があった。

 13日、給電ポート設置場所のひとつの南口駅前広場で、実験開始を記念する式典があった。あいさつに立ったパワーウェーブの阿部晋士社長は「充電という概念のない社会の実現に向けた最初の一歩だ」と同実験の意義を強調した。

電動キックボードのデモ走行(豊橋駅南口駅前広場で)

2024/01/14 のニュース

給電ポートで電動キックボードの傍らに立つパワーウェーブの阿部晋士社長㊧と種田憲人副社長(豊橋駅南口駅前広場で)

電動キックボードのデモ走行(豊橋駅南口駅前広場で)

有料会員募集

今日の誌面

きらり東三河

吉田城若駒戦2023

高校生のための東三河企業情報サイト

ソースSHOP

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP