コーヒー×持続可能性

活動伝える漫画本製作プロジェクト/ファーマーズパッションと豊橋創造大生

2024/02/05

プロジェクトについて話す池島さん(左から2番目)ら

 ネパールにコーヒーの自社農園を持つファーマーズパッション(豊川市、池島英総代表)は、「SDGs新商品クラウドファンディング(CF)」に取り組む豊橋創造大学経営学部の学生たちと、テストマーケティングとして活用するCFを行っている。

 プロジェクト名は「コーヒーのサステナブルを漫画本にしたい!」で、ファーマーズパッションが15年にわたり、ネパール現地と日本で携わってきたサステナブル(持続可能)な活動を漫画本にする。CFの期間は28日まで。すでに目標額は達成したが、全国的にSDGsアクションを広げることを最終目標にしている。漫画は、「イケシマさんのコーヒーのおはなし」と題してインスタグラムで発信中。冊子は20センチ角で40~50ページになる予定。

 3日に豊橋市駅前大通のエムキャンパスで記者会見が行われ、池島代表と同大学生代表、漫画家のヤギ子さん、連携企業のサーラコーポレーションと市担当職員によるトークセッションもあった。

 池島さんは、「僕らの活動の内容を発信することで、『サステナブル』について考える人や行動の選択を変える人がいるならば、僕が見てきたことを積極的にみんなに伝えなくてはいけないと思っている」と話した。

2024/02/05 のニュース

プロジェクトについて話す池島さん(左から2番目)ら

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP