いつまでもお元気で

高齢者に生花プレゼント/敬老の日で東三河ヤクルト販売

2014/09/15

 東三河ヤクルト販売(高橋豊彦社長)は、敬老の日に合わせて、8日から1週間かけて、高齢者に生花をプレゼントした。

 同社で商品を届けている1人暮らしの高齢者、もしくは高齢者だけで暮らす夫婦を対象に、敬老の日のお祝いとして、ヤクルト創業70周年を機に、平成17年から行っている事業。今年は約1300世帯の高齢者に、手書きのメッセージを添えた淡いピンクのスプレーカーネーションを一人ひとりに手渡した。

 10日、カーネーションを受け取った河合弘子さん(80)は、「気づかいがうれしいですね」と、思わぬプレゼントを手にしながら、「ヤクルトを届けてくれる毎週水曜日が楽しみで、つい長話をしてしまう」と、満面の笑みを浮かべた。河合さんは健康を意識して約3年前からヤクルトを飲み始め、今では「健康のために毎日のヤクルトと体操を欠かさない」と話す。河合さんにカーネーションをプレゼントした同社弥生センターのヤクルトスタッフ山崎彩織さんも「人生の先輩にいろいろ教えてもらっています」とにっこり。「いつまでもお元気でいてほしいですね」と話していた。

 同社は、豊橋市の「徘徊・見守りSOSネットワーク」、「高齢者地域見守りネットワーク」(豊川市)、「にこにこ見守り隊」(新城市)、新城市社会福祉協議会と連携しての「愛の訪問活動」など、日ごろから高齢者の見守り活動を積極的に行っている。

2014/09/15 のニュース

敬老のお祝いを受け取る河合さん㊧

有料会員募集

統一地方選挙2019選挙結果

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.