「塩の一大産地」裏付け

奈良・平安期貝塚と製塩土器発見/田原の八幡上貝塚/実態解明へ期待

2016/10/03

八幡上貝塚で説明会に参加する市民ら

 田原市小中山町の八幡上貝塚で、県内でも珍しい奈良・平安時代の貝塚と塩づくりに関する土器が見つかった。渥美半島先端が塩づくりの一大産地として栄えていた重要な場所であったことが裏付けられ、注目を集めている。 西の浜海岸から福江湾沿いにかけては...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2016/10/03 のニュース

八幡上貝塚で説明会に参加する市民ら

破片を用いて復元された製塩土器

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.