市在住外国人の教育格差解消へ

豊橋市/図書館の知的資源活用/絵本読み聞かせなど/日本語習得後押し/経済格差つながる「負の連鎖」断つ

2018/08/17

 豊橋市は図書館が持つ知的資源を活用し、市内に住む外国人の教育格差の解消に本腰を入れる。絵本などを使って日本語の能力向上を支援し、経済格差を生まない環境を整える。 市が提案した事業計画が、文部科学省に採択された。受託期間は7月~来年3月まで...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/08/17 のニュース

豊橋市中央図書館の外観

日本人の子どもがタブレット端末で作った絵本の画像を見る委員ら(豊橋市中央図書館で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.