長雨や日照不足続く

名古屋地方気象台/農作物管理に注意呼びかけ

2018/09/21

 名古屋地方気象台は20日、県内で9月に入って、台風や前線などの影響で曇りや雨の日が多く、雨量が平年の約2倍前後に上る所があるほか、広い範囲で日照時間が平年の6~7割にとどまっていると発表した。この状態は今後2週間程度続くと予想され、農作物...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/09/21 のニュース

有料会員募集

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.