地域の森は地域で守る

大木家社員らがササ刈り体験

2018/11/11

 パチンコ店OGIYAを経営する「大木家」(豊橋市広小路、大木伸浩社長)は10日、市内大岩町の国有林で、森林整備活動を体験する「オーギヤの森づくりイベント」を開いた。社員と市民ら32人が参加した。

 参加者らはNPO法人「穂の国森づくりの会」メンバーから現状報告など聴いた後、草刈りバサミで周辺にある約1メートルのササを1時間ほどかけて刈った。

 市内から参加したある人は「家族全員で参加した。自然と親しみ、良い経験になった」と話した。大木社長は「今後も継続していきたい。無理のないように活動してほしい」と述べた。

 イベントは今回で10回目。社会貢献活動の一つとして、穂の国森づくりの会の協力で2009年から開かれている。

2018/11/11 のニュース

ササを刈る参加者ら

有料会員募集

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.