「三河はぜ甘露煮」づくり最盛期

豊川の平松食品

2018/12/05

 年の瀬の風物詩「三河はぜ甘露煮」づくりが、平松食品(平松賢介社長、豊橋市梅藪町)の御津工場(豊川市御津町)で早くも最盛期を迎えている。 はぜ甘露煮は3日間かけて仕上げる。腹出し、串打ち、焼き上げた後、一晩寝かす。砂糖やしょうゆなどを入れて...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/12/05 のニュース

タレをかけられる三河はぜ甘露煮(豊川市御津町で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.