【ティーズ】番組から 

気迫の剣士ら練習の成果発揮

少年剣道大会(豊橋市)

2019/02/15

【穂の国スポーツ】
 第35回豊橋南ライオンズクラブ旗争奪豊橋市少年剣道大会は、豊橋市総合体育館第2アリーナで開かれ、同市内小中学校から集まった少年少女剣士約450人が、寒さを吹き飛ばす真剣勝負を繰り広げた。豊橋市剣道連盟主催、豊橋南LC協賛、東海日日新聞社など後援。

 大会は、前回大会の中学校男子の部で優勝した豊橋南部中主将の選手宣誓で幕を開けた。今大会の会長を務める豊橋南LCの永井秀典会長が「日頃の練習の成果を発揮し、試合を通して心身を鍛え、技術向上へ精進してほしい」と出場選手たちを激励した。

 大会前の剣道形演武では、青山裕之6段が打太刀、山本剛史6段が仕太刀をそれぞれ披露した。

 今大会には、同市内の62団体から小学生の部に27チーム、中学校男子の部に21チーム、同女子の部に18チームが参加した。5人1組の団体戦による予選リーグと決勝トーナメントでそれぞれ優勝を争った。

 試合会場には、保護者や関係者などが応援に駆けつけ、足の踏み場もないほど大勢の観客が勝敗を見守った。試合では1本を狙い気迫の攻撃を仕掛ける選手たちへ大きな声援と拍手が送られた。

 今大会の各部門の上位3チームが表彰され、接戦を勝ち抜いた優勝チームには優勝旗が贈られた。

結果は次の通り。

小学生の部
①豊橋南部少年剣道教室A(藤原、伊藤、杉原、藤原、植村)
②南部剣友会A
③南稜剣友会A、桜武館剣道教室会A

中学生男子の部
①二川中(高山、武田、三好、伊藤、小久保)
②南部中
③青陵中、高師台中

同女子の部
①豊橋北部中(藤田、清水、安藤、伊藤、増子)
②豊橋東部中
③高豊中、本郷中

2019/02/15 のニュース

少年少女剣士が熱戦を繰り広げた(豊橋市総合体育館で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.