桜の季節 

跳ぶ「前」の一歩

第4章 35回

2019/11/10

中部大第一戦では頼みの3点シュートがほとんど決まらなかった

 陸上競技で走り幅跳びの選手は、飛距離を伸ばすために跳躍直前の一歩で、膝を曲げ一度深く沈み込んでから腕を振り上げて、助走の推進力に全体重を預けて飛び跳ねる。 言葉だと難しいが、誰でも当然のように無意識でやっていること。それが、効率的で最適な...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/11/10 のニュース

中部大第一戦では頼みの3点シュートがほとんど決まらなかった

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.