学食で人事担当者と交流

豊橋創造大学で「モグジョブ」/地元中小企業と大学生をマッチング

2020/12/19

 人材を求める地元の中小企業と大学生が学食で交流する就活支援サービス「モグジョブ」が18日、豊橋創造大学(豊橋市牛川町、伊藤晴康学長)で開かれた。東三河の企業2社の人事担当者とモグジョブサイトに登録している学部3年生6人と短大生1人が参加した。学生たちは企業研究の一環として食事をしながら会社や業界の説明を受けた。

 参加企業は、「人の暮らしを豊かにする」をテーマにしたメガネ流通センターと、「地域社会に貢献する」をテーマにした豊田東海警備グループ。学生たちは企業名を知らずにテーマだけを選択して参加。食事をしながら、リラックスした雰囲気のなかで参加企業について知り、手を止めて熱心に話を聞く姿も見られた。

 モグジョブは、東三河で求人サイトを運営するタスキ(種田憲人代表)と豊橋商工会議所が連携して実施。学生たちには社会人と話せるチャンスであり、企業には採用のすそ野を広げる活動となっている。

2020/12/19 のニュース

食事をしながら面談する学生たち

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.