6年ぶり赤色鮮やかに

県内唯一残る豊川稲荷境内 丸型ポスト/明治から令和見つめた宝/節目の年 名古屋の庄司さん修復作業

2021/03/20

鮮やかに塗られた丸形ポスト(豊川稲荷境内で)

 現役では国内最古とされる豊川稲荷境内の丸型ポストが19日、6年ぶりに塗り直され、鮮やかな赤色の姿がよみがえった。 塗装を行ったのは、2013年と15年の2回にわたって同ポストの修復と塗装を行った、名古屋市北区の写真家庄司巧さん(56)と、...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/03/20 のニュース

鮮やかに塗られた丸形ポスト(豊川稲荷境内で)

下地が見えた塗り直し前のポスト(同)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.