豊川市八幡の遺跡発掘で県下初の貞観永宝2点出土

2006/09/05

ほかの副葬品と一緒に貞観永宝が出土した土坑墓の発掘調査

 豊川市八幡町の下六光寺遺跡から、平安時代中期に鋳造された皇朝十二銭のひとつ「貞観永宝(じょうかんえいほう)」2点が出土した。県下で初めての出土で三河国分尼寺史跡公園内にある天平の里資料館(火曜日休館)で展示している。9日午前10時から発掘...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2006/09/05 のニュース

ほかの副葬品と一緒に貞観永宝が出土した土坑墓の発掘調査

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.