準々決勝3試合雨天順延

第99回全国高校野球選手権愛知大会

2017/07/26

 第99回全国高校野球選手権愛知大会は25日、岡崎市民球場の第2試合(豊橋中央×至学館)を含む準々決勝3試合が雨天中止となり、26日に順延された。

 順調に進めば、準決勝は28日、決勝は29日にパロマ瑞穂野球場で行われる。

■26日の試合予定

 ▼準々決勝
 【岡崎市民球場】

 ①豊橋中央×至学館

 ②中京大中京×愛工大名電

 ③栄徳×愛知

雨で仕切り直し きょう至学館戦/春のリベンジなるか/豊橋中央「全力で挑戦」

 第99回全国高校野球選手権愛知大会は25日、降雨により準々決勝3試合が26日に順延された。

 東三河勢で唯一勝ち残る豊橋中央は、試合中止の決定後すぐに移動し、至学館戦に向けてグラウンドで汗を流した。

 至学館との準々決勝は、豊橋中央にとって大きな意味を持つ。同校の過去最高成績は昨年のベスト8進出、至学館に勝てばそれを超える。さらに、今年4月下旬に行われた春季大会の準々決勝では、長峯樹生が追撃の本塁打を放つも3―5で至学館に敗れた。

 攻守の要となった長峯は「リベンジのチャンスが来た。早く試合をやりたくてワクワクしている。(相手エース)川口龍一から本塁打を打って勝ちたい」と気合十分で意気込んだ。

 昨年、8強で敗れ多くのことを学んだという樋口靖晃監督は「至学館との一戦は特別だが、気負わず普段通りの野球を貫きたい。そのための準備は1年間しっかりしてきた。選手たちの可能性を信じて、全力で挑戦したい」と話した。

 豊橋中央×至学館の試合は、26日午前9時から岡崎市民球場で行われる。

2017/07/26 のニュース

リベンジに燃える長峯樹生主将(豊橋中央高校大山グラウンドで)

あすからの試合日程組み合わせ表

有料会員募集

【東日旗】第70回豊橋少年軟式野球選手権大会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.