8強出そろう

豊橋少年軟式野球選手権/悪天候で中断2週間 うっぷん晴れる全力プレー

2014/07/13

 東日旗、がましん杯を争う第67回豊橋少年軟式野球選手権大会(東海日日新聞社主催、蒲郡信用金庫特別協賛)は12日、石巻球場で3日目が行われ、選手権・ジュニアゾーンともに準々決勝進出8チームが出揃った。

 台風8号の影響で2週間の中断を挟んで再開。心地良い風が吹く快晴の空の下、選手たちは勝利を目指し熱戦を繰り広げた。

 注目の選手権ゾーンでは、3回戦5試合を行った。優勝候補の一角に挙げられる天伯は、今大会屈指の右腕・今泉公希の力投もあり、粘る大清水に競り勝った。

 高師は19得点の猛攻で大勝。幸や鷹丘、多米がベスト8へ駒を進めた。

 5年生主体のジュニアゾーンでは、イムレBと石巻Bが勝ち上がった。

 大会4日目(13日)は石巻球場で選手権4試合、ジュニア4試合が行われ、準決勝進出チームが決定する。

【きょうの試合】

〈選手権ゾーン〉
 〔10〕(石巻球場)=①多米F×天伯F②吉田方×幸Y③鷹丘H×二川南④富士見×高師S
     ◇

 〈ジュニアゾーン〉
 〔10〕(石巻球場)=①高師SB×下地MB②杉山GB×富士見B③石巻WB×老津少B④幸YB×イムレB

高師 打線爆発で大量19点/2・3回戦 前評判高い強豪チーム順当勝ち/鷹丘、幸8強入り 多米 劇的なサヨナラ勝利

 大会3日目。選手権・ジュニアゾーンとも2・3回戦が行われ、ベスト8進出チームが決定した。

 選手権では5試合が行われ、前評判の高い強豪チームが順当に勝利を収めた。
 好投手・今泉公希を擁する天伯は、初回に4点を先制しながら、粘る大清水に追いつかれ特別ルールに突入。僅差で何とか逃げ切った。

 高師は、持ち味の打線が爆発。怒涛の猛攻で毎回得点となる大量19点を挙げ実力を見せつけた。

 鷹丘×汐田の一戦は、どちらも譲らず一進一退の攻防戦。鷹丘はチャンスを確実に生かし、1点差で勝利を手にした。

 そのほか、幸が栄を破り8強へ進出。多米は劇的サヨナラで勝利を収めた。

 ジュニアは2試合を実施。イムレBと石巻Bが接戦を制し準決勝へ進出した。

立ち姿に漂う中心選手の自覚/強豪 高師S紅一点レギュラー山下星さん/狙うはV「打って貢献を」/連日の素振りで打撃好調/3安打5打点の固め打ち

 強豪チーム・高師スカイラークスで、紅一点の女子選手としてレギュラーを張る山下星(あかり)さん(11)。この日は本塁打を含む3安打5打点の固め打ちでチームの勝利に貢献。「ホームランは気持ち良かった。優勝を目指したい」と目標を語る。

 山下さんは、三歳上の兄の背中を追うように3年生でチームに入団。阪井恭三監督が「男子以上に頑張る負けず嫌いな性格」と語る強い気持ちで練習に励み、守備では一塁手としてチームを支える。
強烈な打球を自軍ベンチに飛ばしてどよめかせ、四球の際には物足りなさそうな表情で一塁に向かう。グラウンドに立つ姿からは中心選手としての自覚が漂う。

 山下選手は、今年に入り試合で本塁打を量産中。現チームの6年生は6人で、上級生としてさらなる活躍が期待される。阪井監督は「教わったことを素直に吸収する力がある。さらに実力を伸ばした」と野球に打ち込む姿勢をたたえる。

 自宅で連日素振りを行って試合に臨んでいる山下選手。進学する中学校にはソフトボール部がなく、陸上部に入部する予定。今後の試合について「ヒットを打って勝利に貢献したい」と大会にかける思いを語る。

関連リンク

2014/07/13 のニュース

【汐田×鷹丘】本塁打を放った鷹丘の中川

天伯を勝利へ導いた最注目の右腕・今泉公希投手

【石巻B×小沢B】必死でボールを追いかける小沢の選手

主力選手として勝利に貢献した山下さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.