オイスカFCがV

西部キッズU10サーラカップ2016浜松地区予選/聖隷、フォルミーガも決勝大会へ

2016/07/18

 ジュビロ磐田の本拠地ヤマハスタジアムで開催されるサーラカップ決勝大会を目指す、第8回西部キッズU10サーラカップ2016浜松地区予選大会は16日夜、静岡県浜松市北区のHONDA細江グラウンドで本大会出場決定トーナメントが行われ、オイスカFCが昨年の雪辱を果たし優勝、準優勝の聖隷JFC、3位のFCフォルミーガまで3チームが出場権を獲得した。

 13年目を迎えるサーラカップは、東海地方最大級の小学4年生以下を対象とした8人制サッカー大会。浜松地区予選には65チームが出場し、約4カ月間の熱戦を繰り広げた。

 この日、接戦を勝ち抜き決勝へ進んだオイスカは、聖隷と対戦。開始早々に川嶋琉之亮が先制ゴールを挙げ、最後まで1点を守り切って勝利を収め、サーラグループの三井康彦マネジャーから優勝杯を受け取った。

 オイスカの粟倉慎二監督は「もっと戦える。決勝大会はチャレンジ精神で優勝を目指す」とした。

 残り1枠の出場権を争った3位決定戦は、両チーム譲らず2―2でPK戦に突入。フォルミーガがカワイ体育教室SCを破り、決勝大会の切符を手にした。

2016/07/18 のニュース

川嶋琉之亮(オイスカ)が決勝ゴール

優勝・オイスカFC

準優勝・聖隷JFC

3位・FCフォルミーガ

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.