農業の大切さを知って

向山小児童がキャベツの収穫体験/豊橋

2018/02/23

 豊橋市向山小学校(守田雅一校長)の児童は22日、同市冨士見町の畑でキャベツの収穫を体験した。市が実施する体験学習の一環。地元名産の農産物で農業体験し、食物を育てることの大変さと大切さを学んだ。 参加したのは5年生児童55人。生産者の村田茂...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/02/23 のニュース

自ら収穫したキャベツを手に笑顔の児童

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.