豊川市消防署が山岳救助想定し訓練

ドローンの活用方法探る

2018/02/24

 豊川市消防署は23日、同市上長山町の手取山公園で、無人航空機(ドローン)を使った飛行調査と山岳救助を想定した訓練を初めて行った。市消防本部の職員で構成する「豊川市防災ドローン航空隊」など19人が参加。ドローンの活用方法を探った。 同公園西...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/02/24 のニュース

ドローンのモニターを見つめて出動を待つ救助隊(手取山公園で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.