竹の棒を立て生育見守る

新城市桜淵公園、ササユリの芽が出て保護活動を開始

2018/02/24

 新城市桜淵公園で、市の花として親しまれているササユリが昨年より2週間ほど早く芽を出した。竹の棒を差して芽の存在を知らせる保護活動が今年も始まった。 ササユリは、ユリ科の多年草。種子で繁殖し、発芽から花をつけるまでに6年ほどかかる。病害虫や...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/02/24 のニュース

まだ1センチほどのササユリの芽と伊丹さん(新城市桜淵公園で)

有料会員募集

東三河学生就職NAVI「リクrooting」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.