【ティーズ】番組から 

夏の舞台 新たな決意で復活誓う

豊橋商業高校・弓道部

2018/07/20

【穂の国スポーツ】 男女とも団体戦と個人戦で全国高校総体(インターハイ)出場を決めた豊橋商業高校弓道部の選手たちが、約1カ月後に迫った大舞台へ向けてそれぞれ意気込みを語った。昨年は不出場に終わった夏の舞台、新たな決意で復活を誓う。

 好調な男子は、県内での実力では群を抜く。万全を期して臨んだ県大会では、団体戦に優勝、個人戦では山本英心(3年)が高い的中率で優勝を決め、2種目ともインターハイの出場権を手にした。
 山本は、昨年12月の全国高校弓道選抜大会で、自身も驚く快進撃を見せて2位に入った。今夏は「昨年の成績を超える結果を出して、団体と個人の2冠を目指したい」と力強く意気込んでいる。

 練習では、周囲もレベルで切磋琢磨(せっさたくま)し互いに良い刺激を与え合っている。

 女子は、県大会で団体戦に優勝、個人戦では原田来夢(2年)が2位に入り全国切符をつかんだ。

 昨夏、女子は全国出場を逃して悔し涙を流した。今夏は「唯一の3年生・松下友梨をインターハイへ連れていく」とチームの心がひとつになり、見事に2年ぶりのインターハイ出場を勝ち取った。

 松下は「仲間と一緒に励まし合ってきた。不安や緊張はあるが、いつもの練習通りの射で優勝を狙いたい」と話し、高校生活最後となる夏の大舞台での飛躍を胸に秘めている。

 インターハイ弓道競技は、8月2日に静岡県袋井市エコパアリーナで開幕する。

2018/07/20 のニュース

男子は山本英心を軸に2冠を狙う

女子は松下友梨のために心をひとつに飛躍を誓った

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.