「目標達成し、最高のチーム」

【選手権】決勝戦/岩西B 劇的なシーンでV

2018/07/22

 豊橋少年軟式野球大会の選手権ゾーン(小学6年生主体)の決勝は、拮抗(きっこう)した展開が続き、6回裏まで3―3の同点。無死満塁の設定から打順を進める特別ルール適用の7回に突入した。岩西Bは7回裏、サヨナラスクイズを決めて、優勝をもぎ取った。

 先制したのは植田E。1回、小林凌也選手の二塁打で1点を先取。続く3回表にも、渡辺歩選手のランニング本塁打で2点を追加し、3点をリードした。

 岩西Bは3回裏から反撃。疲れの見え始めた植田Eの小林凌也投手を、足攻でかく乱し、本盗で1点を奪取。5回裏には1点を返した後、山本璃玖選手がスクイズを決めて同点に追いついた。一時は3点差を追う岩西Bだったが、粘り抜いた結果、勝機をつかんだ。

 岩西Bの瀧澤和夫監督は「今年はいいメンバーがそろい、優勝を狙っていた。目標を達成し、最高のチームと誇りたい」と選手らをたたえた。

【ジュニア】決勝戦/「準決勝で自信に、0対0の気持ちで集中」

 ジュニアゾーン(小学5年生主体)決勝は、吉田方FBが12得点の猛攻で6年ぶり4回目の優勝を果たした。

 吉田方FBは2回1死三塁、主将の小林士輝選手がスクイズを決めて先制。さらに木部悠貴選手の左前適時打で2―0とした。

 また、3回と4回には、いずれも5点を奪うビッグイニングをつくり、試合を決めた。エース杉本桂矢投手と松井全捕手の安定したバッテリーは、東田の強力打線を抑えた。

 吉田方FBは初戦から特別ルールにもつれ込むなど、厳しい試合の連続だった。大会を勝ち進むなかでチームとして成長し、決勝で爆発力を見せた。小林主将は「4連敗だった栄に準決勝で勝てたことが特に自信になった。いつも0対0の気持ちで試合に集中できたと思う」と大会を振り返った。

2018/07/22 のニュース

優勝した岩西バッファローズ(上)、準優勝の植田イーグルス(下)

3位の芦原オネスターズ(上)、3位の幸ヤンキース(下)

優勝した吉田方ファイターズFB(上)、準優勝の東田チェリーズB(下)

3位の富士見クラブB(上)、3位の栄ドリームズB(下)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.