【ティーズ】番組から 

リポーターもサンドアートに挑戦

ベリー街!豊橋(磯辺校区)

2020/08/07

 8月は、豊橋市の南西部に位置し、利便性の高さと自然の豊かさが共存する磯辺校区を、草柳顕リポーターが紹介する。

 磯辺校区には、春日神社(草間町)、素盞嗚社(向草間町)、八幡社(一色町)、塩竈神社(大山町)、本宮神社(駒形町)などの神社や、萬福寺(王ヶ崎町)、大応寺(草間町)、長栄寺(一色町)などの古刹が多く、歴史ある地域。

 向草間町の草間城趾は、遺構こそ残っていないが、戦国時代初期に芳賀七郎が居城し、後に畔田監物が居城したという。1505年、牧野古白が今橋城(後の吉田城)を築いて後、廃城となった。

 地域の文化拠点である「アイプラザ豊橋」(草間町)の北側には、観葉植物のサンドアート教室「グラスハウス」がある。講師の河辺英昭さんが、特許を取得したサンドアート技術を教えてくれる。

 草柳リポーターも、サンドアートに挑戦。240ミリリットルの円筒形グラスに、模様が描かれた筒形の紙を入れ、線に沿って砂を入れることで砂模様が作れるという特許技術を使い、好きな色のカラーサンドを入れて、テーブルヤシのサンドアートを作り上げた。

 グラスハウスでは、予約制で教室を開催。材料費込みで1人4800円、2人4100円(料金は人数に応じる)。1回6人まで。河辺さんによると、県外からの観光客などからも人気があるという。

2020/08/07 のニュース

サンドアートを持つ河辺さん(豊橋市草間町で)

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.