過去の記事検索

▼サイト内記事から 401 件ヒットしました。401件中(1〜20件)

2017/03/27地域と生きる活動に尽力
 豊橋市向山台町にあるフィリピン料理店「KAPAMILYA・SARISARI(カパミリヤ・サリサリ)」。店の奥からは、明るい笑い声が響いてくる。続々と集まってくるのは、フィリピン人女性たち。彼女たちは.....
2017/03/20官民で朝ドラ誘致へ始動
 作曲家古関裕而(こせきゆうじ)氏の妻・金子(きんこ)さんを主人公にしたNHK朝の連続テレビ小説の誘致に、金子さんの出身地の豊橋市が乗り出した。2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせた放送を目指.....
2017/03/15全国のキャラ大集合
 とよかわまちおこしフェスタ2017「第3回いなりんピック!!いなりんとゆかいな仲間たち大運動会」は18日、豊川市総合体育館と同館広場で開かれる。豊川市観光協会主催。見て、食べて、体験できる、子供から.....
2017/03/13市民とともに発信を
 豊橋を「映画の街」として売り出そうと、3日~5日までの3日間、穂の国とよはし芸術劇場プラットなどで開かれた「ええじゃないかとよはし映画祭」。豊橋市制施行110周年の記念事業として開催されたが、映画祭.....
2017/03/06「手作り」で地域もPR
 故・忌野清志郎さんの誕生日に毎年開かれる「感謝の日」ライブを、彼が静養地として過ごした奥三河に誘致し「奥三河レインボーロックフェス」(RRF)として開催しようと、新城市湯谷温泉はづの加藤弘依さんら地.....
2017/03/03静寂時間を楽しみリフレッシュ
 3月3日は耳の日。1956(昭和31)年に、社団法人日本耳鼻咽喉科学会が制定した。数字の3が耳の形に似ていることと、「み(3)み(3)」のゴロ合わせで3月3日を記念日とした。人々が耳に関心を持ち、耳.....
2017/02/27東三河の訪日客減
 宿泊目的で東三河に訪れ、ホテルを利用する訪日客(インバウンド)の数が、昨年秋ごろから減少傾向に転じている。多数の中国人団体客を受け入れてきた豊橋市や豊川市のホテルでは、日本人客の利用や地域に密着した.....
2017/02/20ツアーで夢の共演へ
 憧れの舞台へいざ!―。音楽の都、オーストリア・ウィーンにあるクラシック音楽の殿堂「楽友協会」で、ウィーン少年合唱団とともに「第九」を歌うことを目玉に盛り込んだツアーに、東三河から24人が参加する。ス.....
2017/02/06東三河の「グローカル」
 日本の人口が減る局面で、国内の人やモノだけを相手にした地域振興では、地域間の消耗戦になりかねない。限られたパイの奪い合いから脱却するには、もっと広いフィールドへの飛躍が必要だ。求められるのは「世界で.....
2017/02/03甘いチョコの贈り物
 14日は、世界各地で愛を誓う日とされるバレンタインデー。もともとは、ローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(バレンタイン)に由来する記念日だと伝えられる。日本では1970年代前後から独自の発.....
2017/01/30妥協せず「王道」目指す
 オーケストラに歌や劇、時には踊りも加わり、「総合芸術」と称されるオペラ。出演者・スタッフの多さや高額な制作費ゆえ、地方での本格オペラの公演自体が少ない中、三河市民オペラ制作委員会は、2006年の「魔.....
2017/01/23新アリーナ建設計画始動
 豊橋市は、同市をホームタウンとするBリーグの三遠ネオフェニックスなど、地元プロチームの試合を開催できる5000人規模の施設を新設する方針だ。昨年11月に行われた豊橋市長選挙で3期目の当選を果たした佐.....
2017/01/16認知症に寛容な社会へ
 企業や高齢者施設で、認知症のある人の社会参加を促す取り組みが進んでいる。パチンコ店では、社員が認知症への理解を深める講座を受講。症状のある高齢者の居場所づくりに努めている。認知症の高齢者を受け入れる.....
2017/01/09高齢者を救う訪問歯科診療
 人は誰しも、健康でありたいと願うもの。特に、近年では「健康な歯」を維持し続けることが、身体全体の健康へとつながるとして、歯への関心が高まってきている。定期的な検診や虫歯などの治療の大切さは周知のこと.....
2016/12/26今年は鳥インフル大流行の気配
 全国で鳥インフルエンザが猛威を振るっている。次々に感染が確認され、さらなる大流行を懸念する声も聞かれる。かつて豊橋・新城両市内の農場でも発生し、家きん産業が大打撃をこうむったのは記憶に新しいところ。.....
2016/12/23あさって号砲 全国高校駅伝
 高校生が師走の京都・都大路を疾走する男子第67回・女子第28回全国高校駅伝競走大会(日本陸連など主催)は25日、京都府京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に、男子7区間(42・195キロ)、.....
2016/12/19「戦略的にぎわい」形成へ
 スズキ豊川工場が撤退する跡地に大型商業施設イオンモールの進出話が持ち上がり、注目を集めている豊川市八幡地区。同市では、現在見直しを進めている「都市計画マスタープラン」の中で、同地区を「戦略的にぎわい.....
2016/12/05「幻の一杯」再興を願う
 毎年、文化の日に開催される東栄フェスティバルは、奥三河地域に花祭りシーズンの到来を告げる毎秋恒例の行事となっている。今年は文化庁主催の国民文化祭が同時開催され、三遠南信地域の伝統芸能もお披露目。20.....
2016/11/28沿線店舗への影響・効果
 東三河地方では近年、新東名高速道路の開通や、国道23号の延伸工事などにより、交通事情が変化している。各市中心部などで渋滞緩和の効果が表れる半面、高速道路のPA(パーキングエリア)や国道23号沿いの店.....
2016/11/24節約? ご褒美? 有効な使い方
 今年もボーナスの季節を迎えた。内需が低調とはいえ外需に後押しされて7~9月期のGDPは実質プラス成長を遂げた。冬のボーナス平均額については、製造業などで増加の傾向。節約志向の強い国民にとっては、まず.....

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.