過去の記事検索

▼サイト内記事から 6039 件ヒットしました。6039件中(1〜20件)

2018/04/19東三河鈴木政経塾を発足
 元衆院議員の鈴木克昌氏(74)が18日に記者会見し、東三河地方の人材育成を目的とする「東三河鈴木政経塾」を発足させたと発表した。自らが塾長となり、講師に経済界の著名人などを招いて講義を開く。入塾者を.....
2018/04/19電子市政モニター募集
 豊川市は、電子市政モニター「とよかわデジモニ」の募集を20日に始める。市民の意見を市政運営や各種事業に生かすことを目的にしている。 対象は市内在住または在勤・在学の18歳以上で、インターネットと電子.....
2018/04/18資源化センター焼却炉故障原因判明
 豊橋市は17日、ごみを焼却処理する資源化センター(豊栄町)の故障について、熱分解ドラムの中でごみが燃えたことが原因だったと発表した。 熱分解ドラムは、ごみを蒸し焼きにする直径約3・6メートルの円筒形.....
2018/04/18心身ケアで健全な子育て支援
 蒲郡市は今年度から出産した女性の健診費を助成する「産婦検診事業」を始める。無料でメンタルチェックなどを行い、「産後うつ」や「マタニティーブルー」といった出産後のストレスに対し、早期対応する。市は「出.....
2018/04/17魚介類の成分を数値化
 蒲郡市は、水揚げされた鮮魚に含まれる成分を科学的に分析して公表し、魅力をPRしている。市内で多く水揚げされる「メヒカリ」や「イワシ」など8種の魚について「かみしめた時に、うまみがあふれる」、「血液を.....
2018/04/1625日まで豊橋市が募集
 豊橋市は来年4月採用の職員のうち、学科試験が課されない自己推薦枠の受験希望者を25日まで募集している。 対象は、事務職=20人程度▽同(障害者)=若干名▽技術職(土木)=5人程度▽同(建築)=若干名.....
2018/04/15変更案のパブコメ募集
 愛知県は、このほどまとめた「都市計画区域マスタープラン」の変更案について、パブリック・コメント制度に基づいた意見を募集している。 県は今年度末をめどに、都市計画区域マスタープランの見直しを進めており.....
2018/04/10「原点は公文書問題と同じ」
 繊維大手ユニチカ(本社=大阪市)の工場跡地売却を巡り豊橋市を相手に住民訴訟を起こした原告団が8日、市民向けの説明会をアイプラザ豊橋(草間町)で開いた。参加した約170人の市民に対し、「市はユニチカに.....
2018/04/07施設の新設に補助金
 豊川市は本年度から、市が定める駅周辺地区に病院などを新設する民間事業者に固定資産税などを補助する制度を創設した。都市機能の集約を図ることで市民の利便性を維持し、持続的に発展できるまちづくりを推進する.....
2018/04/06「空家等対策計画」を策定
 豊川市は、市内で増加傾向にある空き家への対応策を盛り込んだ「空家等対策計画」を策定した。計画期間は本年度から5年間。空き家の利活用を促し、再利用が不可能な危険家屋は除却することで跡地の活用に取り組む.....
2018/04/06沖縄の今を考えよう
 来月3日の「憲法記念日」を控え、「東三河九条の会」(長屋誠代表)が22日、米軍のオスプレイの配備などに反対する住民闘争の様子を伝えた映画「標的の村」の三上智恵・映画監督を迎え、第13回守ろう憲法9条.....
2018/04/03「全体の奉仕者」を胸に
 新年度が実質的にスタートした2日、東三河地方の各自治体で辞令交付式が行われた。新入職員は、憲法で謳(うた)う「全体の奉仕者」との精神を胸に公務員として、社会人としての一歩を踏み出した。 ■豊橋市 市.....
2018/04/03若い人が希望持てるようサポート
 1日付で県の東三河担当副知事となった加藤慎也氏(60)が2日、東海日日新聞社を訪れ、新任のあいさつをした。 加藤氏は1980年に入庁。防災、総務畑が長い。前任は総務部長だったが、2013年に防災局次.....
2018/04/02森友文書書き換え「原因究明を」
 自民党の根本幸典衆院議員(愛知15区)が3月31日夕、東海日日新聞社を訪れ、森友学園に関する決済文書の書き換え問題や憲法改正、国会運営などについて語った。 森友問題では「書き換えというよりも学園が一.....
2018/04/026団体の全事業を採択
 豊川市は2018年度市民協働推進事業補助金の公開審査をプリオ市民交流ホール(同市諏訪3)で開いた。市内6団体が参加し、全ての事業が採択された。 採択された6団体のうちの一つがボランティア団体「防災塾.....
2018/04/01国新年度予算に2億3200万円
 3月28日に成立した国の新年度予算で、国道151号の一部で都市計画道路の前芝豊川線の一部を高架化し、国道1号との「宮下」交差点などを立体化させる事業に、2億3200万円が付けられた。根本幸典衆院議員.....
2018/04/01町外の「協力者」も歓迎
 過疎と少子高齢化に対応するため東栄町は「まちづくり基本条例」を制定し、1日施行する。憲法の「東栄町版」にあたり、地域の運営に協力してくれる町外の「助っ人」も加え、町の活性化へつなげたい願いが込められ.....
2018/03/29施設整備や運営方法知恵求む
 豊橋市が整備を予定する新アリーナの計画が、本格始動の兆しを見せている。建設・運営にあたり、ごく初期段階から企業連合体の提案を募る同市初の試みを採用。一方で現在アリーナ機能を持つ総合体育館(神野新田町.....
2018/03/28種子法廃止は「不要」
 希望の党の関健一郎衆院議員(比例東海)は、20日の衆院農林水産委員会で質問に立った。イネなどの種子の安定供給を国や都道府県に義務付けた「主要農作物種子法(種子法)」が4月に廃止されることを巡り、廃止.....
2018/03/28豊橋市が12団体を採択
 豊橋市はこのほど、市役所で2018年度の市民協働推進補助金の本審査(公開プレゼンテーション)を行い、12団体を採択した。 社会に役立つ活動をする団体を支援する制度で、設立年数などで区切った2種類の補.....

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.