【ティーズ】番組から 

競輪場内のまぜそば専門店で舌鼓

いろどりテーブル/分家おりんべ(豊橋市)

2024/06/21

和のまぜそば(提供)

【ティーズチャンネル/いろどりテーブル】
 今回、共田佑衣リポーターが訪れたのは、豊橋市東田町の豊橋競輪場内に昨年オープンしたまぜそば専門店「分家おりんべ」。井原町のラーメン店「ORIBE(オリベ)」の2号店で、店名は競輪の「りん」と掛け合わせたという。中根愛実店長は、「国産小麦100%の自家製麺と手作りの具材にこだわっている」と話す。

 まず試食したのは、看板メニューの「和のまぜそば」(税込み780円)。切り干し大根やおからなど和の具材をたくさんのせたまぜそばで、「麺がモチモチで歯応えがある。和風のだしがよく効いている。食感がいろいろで、食べていて楽しい」と共田リポーター。途中、からしを合わせるとまた味が変わり、「新しい発見がある」と笑顔を見せた。

 次に試食したのは、「とろとろ豚なんこつ丼(大)」(税込み650円)。共田リポーターは、「豚なんこつがとろとろで、よく煮込まれている。甘辛い味でご飯がすすむ。温泉玉子を合わせるとよりマイルドになる」と舌鼓を打っていた。

 競輪場内は、入場無料で誰でも入ることができる。営業時間は、午前10時から午後2時30分。水、木曜日定休。

 その他、「斎藤製菓」の工場直売店「BuonLuce(ボンルーチェ)」(豊橋市大村町、松浦永治店長)も紹介する。

2024/06/21 のニュース

和のまぜそば(提供)

有料会員募集

今日の誌面

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP