藤ノ花女子高で卒業式

2008/03/04

卒業証書を受け取る代表生徒(藤ノ花女子高校で)

 藤ノ花女子高校(豊橋市老松町、伊藤邦彦校長)の「第116回(高校第60回)卒業式」が3日、同校藤翔館で開かれた。今年度は普通科121人、生活情報科160人、食物科79人の計360人が卒業を迎えた。

 式には卒業生や保護者、来賓、教職員など約1000人が出席。初めに映像でこれまでの思い出を振り返った。

 卒業証書は普通科・松未希恵さん、生活情報科・鈴木春香さん、食物科・近藤彩乃さんの代表3人が受け取った。愛知県知事賞などの表彰に続き、伊藤校長が「人生の大きな節目の1つとして、今日を大切にしてください。今後は自分らしく生き、周りの人々や物に対する感謝の気持ちを忘れないでほしい」とはなむけの言葉を贈った。

 来賓祝辞、伊藤孝良PTA会長のあいさつ、在校生代表・鳥山恵未さんの送辞の後、答辞で近田三幸さんが「私たちは『藤ノ花』の精神と誇りを持ち、これからもしっかり前を向いて歩いていきます」と述べ、3年間通い慣れた学校を巣立った。

2008/03/04 のニュース

卒業証書を受け取る代表生徒(藤ノ花女子高校で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.