てんぐ巣病の桜『外科治療』

地元ボラ団体枝切り落とすー回復までは数年か

2013/01/30

レッカー車に乗って枝を切り落とす市川会長

 蒲郡市金平町の形原温泉に近い補陀ヶ池周辺に植えられたソメイヨシノ約50本がてんぐ巣病にかかり、地元のボランティア団体などが立ち上がった。同病はカビの一種による伝染病で、侵された木は、放置すると枯れ死するという。 参加したのは、春日桜会の市...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2013/01/30 のニュース

レッカー車に乗って枝を切り落とす市川会長

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.