豊川の明日を考える流域委員会

研究者はダムの効果に否定的ー住民理解の形成をと

2013/03/21

検討の場で示された設楽ダム事業の素案について話し合った会合(名豊ビルで)

 学識経験者らでつくる「豊川の明日を考える流域委員会」(委員長=藤田佳久・愛知大名誉教授)の32回目の会合が20日、豊橋市駅前大通2丁目の名豊ビルで開かれた。設楽ダム建設事業について、委員同士で意見を交わした。研究者からはダム建設への疑問が...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2013/03/21 のニュース

検討の場で示された設楽ダム事業の素案について話し合った会合(名豊ビルで)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.