払ったみかじめ料「返して」

豊橋の元経営者が提訴/暴力団トップら相手どり名地裁支部へ/弁護団「被害回復救済に意義」5年で約2420万円/条例歯止めにならず

2015/01/09

損害賠償を求める訴状の提出へ向かう弁護団

 豊橋市内で飲食店を経営し、指定暴力団山口組の傘下組織に「みかじめ料」を支払っていた男性が8日、暴力団組長などに料金の返還や慰謝料など約3220万円の損害賠償を求め、名古屋地方裁判所豊橋支部に提訴した。会見を開いた渡邊一平弁護団長は「男性の...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2015/01/09 のニュース

損害賠償を求める訴状の提出へ向かう弁護団

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.